思うままに


by abdulmajid0922
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

三島由紀夫と白い雲の巻

e0322201_8444100.jpg

e0322201_844566.jpg

e0322201_844549.jpg
青い空と真っ白な雲。
これだけで必ず蘇るのは「太陽と鉄」ーエピロオグーF104 。昭和43年講談社発行。抜粋ーF104この銀いろの鋭利な男根は、勃起の角度で大空をつきやぶる。その中の一疋の精虫のやうに私は仕込まれてゐる。私は射精の瞬間に精虫がどう感じるかを知るだろう。~
すべては静かで、壮大で、青空のおもてには白い雲の精液が点々と迸ってゐた。~これは昭和42年航空自衛隊百里基地で、ジェット戦闘機F104に試乗した後の記録です。
43歳の三島のこの中学生男子が抱く様な瑞々しい感性は今持って驚きで有る。が、ふと思うと男はこの時代から本当は、ちっとも進化しちゃいないのかもしれない。そうは思わんかね世の殿方よ。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-10 08:04 | Comments(0)