思うままに


by abdulmajid0922
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

安田侃 相響 三部作の巻

e0322201_318586.jpg

e0322201_318697.jpg

e0322201_318832.jpg

1997年(平成9年)に札幌中島公園内に、札幌コンサート・ホール キタラが完成し、記念碑として氏の三作品が設置されました。
1・キタラ正面前の「相響 The echoes 1997」10枚撮ったら10作品有るかと思われる程、角度により全く違う形相を見せます。人間と同じです。
所有者:札幌市緑化推進部。

2・コンサートのチケットが無いと触れられない、大ホールのフォワイエ2階からの眺めです。見事な卵形です。抽象から具象になりました。画像上部は階段です。
寄贈:札幌中島ライオンズクラブ。

3・小ホールへの眺めです。2とは違いここは大理石 on 大理石で目に障わらず、協和音が見えるようです。素晴らしい設置の仕方です。
寄贈:国際ソロプチミスト札幌アカシア。

安田 侃さんの「白大理石」作品の中には哲学、形而上のものが含有量として含まれており、時の心理状態で目から入って心の鏡には如何様にも変化し、映し出し、自己反省、慰め、心の落ち着き等.....観る者に影響を与えます。マーブル模様を細かく観察、するとそこに別世界を見つけ、その模様の中へ入り込み想像を拡げると絵や詩が浮かび、小説が書けそうです。これが安田さんの作品の鑑賞の醍醐味です。本間雅夫の曲はまさしく相応しいのです。観察を始めると飽む事を知らない。
[PR]
Commented by reikogogogo at 2013-12-17 07:35
安田侃の作品、ミラノで展覧会あり、酒田でも見ました。
手で触れる事が出来る作品でいいですね。
南インドの旅の思い出は、巨大石バターボールでした。
by abdulmajid0922 | 2013-12-16 01:54 | Comments(1)