思うままに


by abdulmajid0922

<   2013年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

e0322201_19667.jpg

e0322201_19838.jpg

e0322201_19947.jpg

e0322201_191026.jpg

e0322201_191169.jpg

やすだ かん(1945年滝川市生まれ)さんの作品は札幌市内には沢山展示されています。一部を、まずは「天秘 Secret of the sky」2002 シャガール展の際の装飾に彩られた作品は道立近代美術館2階に御座います。創成川公園には2点「天秘 TENPI」2010 が展示されています。「意心帰 Shape of mind」1990~91もたれかかる事は出来ても乗り上がる気にはなれません。背後の木々の紅葉した頃には大理石も負けじと、より一層の白を際立たせます。生き物、コクーンの様に存在を主張します。北海道知事公館裏庭に設置されています。東京ミッドタウンに同名異作品が有ります。「相響」大理石特有のくすんだ部分が作品の左下に有り、そのUPです。山紫水明。水墨画の世界が現れました。これが美術鑑賞の醍醐味です。札幌市中央区大通西5丁目、大五ビル1階ロビー右側に設置されています。「生誕」2010 安田さんの別の引き出しを拝見出来ます。母と胎児のへその緒に見えますが、札幌の生まれた地と新しい芽が生えてきた様子。球と壁との接点が誠に滑らかで頭の中は感嘆符でいっぱいになりました、お見事です。美術部員の勉強になる事でしょう。札幌の名所、二条市場の前の広場に設置されています。「生棒」2010 枠の中に別の長方形を入れた作品と思っていましたが「生誕」同様一体です。声が出そうな程、驚きました。凄い芸術です。是非、触れてみて下さい。通り抜けられます。創成川公園に設置されています。余談、1986年第42回「ヴェネツィア ビエンナーレ」でイサム ノグチ氏がアメリカ代表として出品された白大理石製の「スライド・マントラ」の制作に安田さんは携わっておられました。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-29 18:10 | Comments(0)
e0322201_7422826.jpg

e0322201_74230100.jpg

e0322201_7423177.jpg

e0322201_74234100.jpg

札幌市内には沢山の「ながれ まさゆき」さんの作品が展示されています。一部をご覧下さい。「サキモリ」。時代ですか、海上保安庁、海上自衛隊の事をすぐ思います。一人じゃ寂しかろうて2000年、2002年制作された作品を二人。2005年道知事公館裏庭に設置。「雲の砦Jr.」マトリックスはマンハッタンの世界貿易センタービルに1975年、250トンの巨大彫刻がシンボルとして設置された
事がありました。道立近代美術館前庭2004年に設置。“PONSA"長年フクロウとばかり思って軽く見過ごしていた作品、上記と同じ作家の仕事とは思えないが観察すると頭頂部の前後の鋭利さは雲の砦Jr.に見られる。1986年狸小路6丁目角に設置。「NANMOSA STOVE」人を食ったような題名1868年明治元年。灰取り出し口の唇、見る所てんこ盛り、ストーブの右手に「流」のクレジット、実に粋なやり方。1982年ニューオータニに設置されています。是非実際に見られる事をお勧めします。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-29 06:53 | Comments(0)
e0322201_2084511.jpg

作者は風を表現する分かり易い方法として女性に敢えてロングのワンピースを着せる。女性は片手で子供を抱え、もう一方の手は遊んでいる。初めての子供では無いし、この子供の母には到底思えない。抱えている左手は子供に触れていない。二人は他人のようです。作者は女性の指先の美しさに惚れました。不協な意見も和音です。
FRP製。札幌市中央区大通り西19丁目、札幌市社会福祉総合センター1階ロビー右側に設置されています。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-28 19:50 | Comments(0)

樹木の名札 の巻

e0322201_10253992.jpg

e0322201_10254294.jpg

e0322201_10254457.jpg

e0322201_10254716.jpg

e0322201_10254933.jpg

地面に杭を打つ方法は道立近代美術館前庭。樹に直接、釘を打ち付けるのは見るに耐えない。子供達への教育上良くない、他所で真似して遊びにすることもあり得る、大人がすると犯罪者だろう、幇助になる。舗道のフェンスに取り付ける方法、北海道大学植物園の仕事である。伸縮性のあるスプリングでの表示は道知事公館前庭と中島公園内、写真は札幌市天文台近くの樹。地面に打ち付けるのは雪国では冬場は役に立たない。選択肢は色々有ります。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-27 10:01 | Comments(0)

石川啄木の巻

e0322201_501842.jpg

歌碑アカシアの.....があります。掲示板にはアカシヤの.....です。何も申し上げません。明治の作家は自由に漢字を作りました。此処での並木は抜群の当て字です。ボヘミアンの感性豊かな教養が迸る。街の次の木につくりの越の文字はデバイスにはいっていません。呵々。明治4年に計画的に造成された国内初の公園、偕楽園跡地、札幌市北区北7条西7丁目、平成24年に設置されています。啄木ファンには嬉しい事。説明文は4カ国で記されて居ます。札幌観光のひとつになるでしょう。近くには植物園が有ります。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-26 04:21 | Comments(0)
e0322201_472898.jpg

e0322201_473083.jpg

e0322201_473217.jpg

一万種以上が有るイネ科。風に靡(なび)く穂が獣の尾に似ている事から「尾花」刈り取って茅葺き屋根にした事から「茅・萱」中秋の名月(十五夜)には収穫物を悪霊から守り翌年の豊作祈願をするという意味がある。山上憶良(やまのうえのおくら)万葉集巻8で選定、 秋の七草には桔梗(ききょう)が朝貌(あさがお)と歌われている。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-25 03:44 | Comments(0)

ネグンドカエデの巻

e0322201_850075.jpg

e0322201_850330.jpg

e0322201_850588.jpg

北3条。西本願寺南側の街路樹はプードルの様に綺麗にトリミング。剪定しない状態が道立近代美術館前庭にあるねんぐどかえで。英名Acer negundo。
北米原産、寒冷地向け。Acerは楓(かえで)エイサーです。沖縄じゃ全く違う意味になります。北3条。西本願寺辺りは綺麗な通りです。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-24 08:29 | Comments(0)
e0322201_8145499.jpg

e0322201_8145636.jpg

e0322201_8145748.jpg

建物の美意識をもかなぐり捨てて敷地内での禁煙を訴える。馬耳東風。吸殻が病院正面玄関の前にねじり付けて捨てられている事もある。漱石流に言うと「よほど、教育を受けていない者と思われる」夢十夜より。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-22 08:00 | Comments(0)

神樹の巻

e0322201_4563831.jpg

e0322201_456456.jpg

e0322201_456527.jpg

シンジュ。中国原産、明治中期渡来。和名ニワウルシ。道立近代美術館前庭に枝が落ちていました。沢山の花序(かじょ)。
北2条西19丁目北海道開発局前の街路樹のシンジュの大木。植物名を書き記した札が田楽豆腐に見えるというので、
鷗外の作品「田楽豆腐」、植物園へ行ったが洋種が多く調べたい和種が無いと嘆き時代を皮肉る話があります。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-21 04:42 | Comments(0)

蔦(ツタ)の巻

e0322201_3555236.jpg

e0322201_3555497.jpg

e0322201_3555565.jpg

道立近代美術館の西側19丁目。スープ・カレーが売りのようです。不潔感漂う店ですが空席待ちをしていらっしゃる。見事に繁った蔦が素敵、サッポロ・ファクトリーのレンガ壁は相当、完成に近づいているだろう。三枚目の写真は札医大の秘密の場所。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-20 03:41 | Comments(0)