思うままに


by abdulmajid0922

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年 完 の巻

e0322201_9422131.jpg

e0322201_9422223.jpg

e0322201_9422342.jpg

e0322201_9422563.jpg

雪景色がとても美しい札幌の街。
南1条から南3条にかけてのプロムナードです。植えられた樹木の季節の彩りの変化を観察し、夢中になって樹の名を調べた楽しい1年でした。基礎医学研究棟前庭には若いハナミズキがあります。
遊歩道にはプンゲンストウヒ(唐檜)、アカナラ、ヨーロッパトウヒ、ハエマツ、イチョウ、カエデ、モミジ、桜、桂、ツゲ、トチノキ、ライラック、ナナカマド、ハマナス、イチイ......。キノコが生える秘密の場所もあります。
大変、目の保養になり、勉強にもさせて頂きました。札医大の皆様、今年も1年本当に有難うございました。この冬の冬季うつ病はブログ書き込みで吹き飛ばします。

画像:総て札幌医科大学構内 遊歩道です。1987年 「札幌市都市景観賞」受賞しています。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-31 09:10 | Comments(0)

ナナカマド果実酒 の巻

e0322201_1451086.jpg

e0322201_1451217.jpg

e0322201_1451495.jpg

冬景色は童心に戻ります。太郎や次郎、明美に花子、みんなの顔を思い出す。

1・プンゲンストウヒ(唐檜)にナナカマドの実 (札幌医科大学構内)
2・イチイとナナカマドの実
3・桜とナナカマドの実 (札幌市資料館 カッコウの森にて)

ナナカマドの実が果実酒に出来る。食用には向かない、向く種類があるとは驚きました。鳥が食べないからこうして沢山の実が残っているのに。鳥は食用、非食用を弁えているのか。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-30 14:26 | Comments(0)

狭き道 の巻

e0322201_3405492.jpg

e0322201_3405575.jpg

e0322201_3405683.jpg

他人(ひと)が通った後の道を素直に歩く事に嫌悪感を感じたのは高3の今頃です。雪道です。敢えて雪の中を進み長靴の中には雪が入り、足は冷え、濡れた。全く意に介さず、目的地迄辿り着いた。将来の生き方をこの時に決めた。耳順を過ぎてちっとも変わらぬ青春に乾杯!

素敵な「道」を紹介します。
-「ワン フォー マイ ベイビー&ワン モア フォー ザ ロード」1943年 ジョニー・マーサー詩 ハロルド・アーレン曲。フレッド・アステア唄

-「道」1954年 伊映画 フェデリコ・フェリーニ監督作品。

-「道草」1914年 夏目漱石 朝日新聞連載、自伝小説。

-「オン ザ ロード」路上 1957年出版 ジャック・ケルアックの小説。

-「ザ ロング & ワインディング ロード」1970年 サー ・ポール・マッカートニー曲。ビートルズ最後のシングルレコード。
ご存知の方はまた新しい発見が必ず有ります。未体験の方は是非これらの作品を、お味わい下さい。総て極上の芸術です。
画像:1・札幌市中央区大通公園
2・南3条通り ニシキギとプラタナスの並木道
3・札幌市資料館「カッコウの森」
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-29 02:49 | Comments(0)

人生は舞台 の巻

e0322201_749760.jpg

e0322201_749985.jpg

e0322201_749922.jpg

ギリシャの諺から始まり、「お気に召すまま」、「マクベス」にこの言葉を表したシェイクスピアは2014年に生誕450年を迎えます。毎年、新しい読者が生まれシェイクスピア作品は永遠です。「肉体は滅びても魂は残る」。人の生は儚いからこそ、演りたいことを見つけ徹するのだ。裏方でも大道具係りでも主役でも皆に求められた仕事さ。辛い事も楽しい事も一緒です。悔いのない一流の仕事をしよう。

画像1・3・札幌医科大学保健医療学部構内にて
2・大通公園西8丁目 イサム・ノグチ「ブラック・スライド・マントラ」
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-28 07:23 | Comments(0)

雪の造形 の巻

e0322201_514442.jpg

e0322201_514620.jpg

e0322201_514772.jpg

e0322201_514838.jpg

1・昔見た光景。建築素材により起こる現象です。夕方帰宅時、確認しましたら崩れて居ました。
場所:札幌市中央区

2・つらら(氷柱) 普通には見られないものになりました。マンションでは出来ません。
場所:札幌市中央区

3・4・札幌市資料館南側と前庭です。
4月迄はうんざりする時期に入りますが「冬季うつ病」予防に極力、太陽の光を浴びる事とします。メラトニンは夜だけで充分だ。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-27 04:41 | Comments(0)
e0322201_2354543.jpg

e0322201_2354723.jpg

e0322201_2354751.jpg

第65回札幌雪まつり2/5~11開催されます。
1・大通10丁目会場 大雪像制作の為の
足場です。
2・11丁目会場 国際雪像コンクール会場です。海外からの制作チームの方々とご自分の英会話の実力を試すとても好い機会です。是非彼らに声をかけて挑戦して見て下さい。それと、参加国に変化が少ないのは外国へのPR不足なのではないか。
3・突き当たりの札幌市資料館の手前12丁目は市民雪像の広場です。世相が反映され楽しい会場です。きっと来年は楽天マー君が幾つも制作される事でしょう。

今や世界に冠たる札幌雪まつりになりました。雪の搬送,大雪像制作は自衛隊の協力に依るものです。ありがとうございます。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-26 02:11 | Comments(0)

クリスマス音楽 の巻

e0322201_8503444.jpg

e0322201_8503571.jpg

e0322201_8503628.jpg

e0322201_8503880.jpg

*ジークフリート牧歌
リストの弟子ハンス・フォン・ビューローは娘コジマと結婚。その妻を奪ったワグナーは1870年妻コジマの誕生日12月25日の朝、彼女への誕生日プレゼント、長男ジークフリートを産んだねぎらいに、この曲を初演しました。彼女には夢のようなクリスマスプレゼントです。
*プッチーニ「ラ・ボエーム」
*チャイコフスキー「くるみ割り人形」ピアノ協奏曲第一番はハンス・フォン・ビューローに献呈しています。
*数々のアヴェマリア
どの曲も画像にはぴったりです。虚飾の無い無垢な樹は美しいです。

札幌医科大学 室内楽合奏団を
YouTube検索してクリスマスをお楽しみください。12月2日に開催されました大学病院で学生たちから患者さんへのプレゼント演奏会です。学生の皆様ありがとうございました。
画像:総て札幌医科大学・病院構内にて
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-25 08:12 | Comments(0)
e0322201_9243681.jpg

「天秘 Secret of the sky 」
隠していた夜の別の顔を見い出しました。社交界の衣装を纏いタンゴで踊る「天秘」です。デカダンスをも含有していた大理石です。人間と同じく行儀が好いのは、太陽が昇っている時だけで夜には羽目を外す。それも暮らしの知恵。学生さんにもご理解して頂けるでしょう。
場所:光塩学園調理 製菓専門学校
札幌市中央区大通西14丁目
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-24 09:01 | Comments(0)
e0322201_7299100.jpg

e0322201_7291184.jpg

e0322201_7291291.jpg

1・1928年(昭和3年) 秩父宮殿下、ご来道の際の警護と案内をされた北海道大学大野教授(北大スキー部第5代部長)に「冬季オリンピックは札幌で開くべきで、それには大型ジャンプ台が必要だ」と仰られました。
1930年(昭和5年) 秩父宮様、高松宮様来道記念大会が開催されます。大野教授は終生大会長に就きます。
1931年(昭和6年) ジャンプ台が完成。寄贈者大倉喜七郎男爵のご厚意に報い「大倉シャンツェ」と命名。
画像:中心部が市中からの大倉山ジャンプ競技場、傍には「大野精七博士顕彰碑」が1982年(昭和57年) に建立されました。

2・1950年(昭和25年)~1961年(昭和36年) 札幌医科大学初代学長就任。 昭和37年に「大野精七博士像」が建立されました。
画像:札幌医科大学構内にて

3・1961年 北海道文化賞を受賞されました。画像:茨城県生活環境部生活文化課「輝く茨城の先人たち」より。


1972年 第11回冬季オリンピック札幌大会成功へとご活躍されました。
「立派な子供を産んでもらい、市民に冬を健康で明るく過ごしてほしい」という医学者の願いが有っての行動でした。「スキー発展の功労者 大野精七」より。
「大野博士には雪がよく似合う」
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-23 06:26 | Comments(0)
e0322201_4313219.jpg

医学博士、文学博士 森鷗外は1910年(明治43年) 三田文学に短編小説「花子」を書きました。小説家の書く小説と学者の書く小説とでは訳が違うという方がおりました。
この小説には忘れらない文章があります。
登場人物:
*70歳に間もない白髪頭の彫刻家・ロダン
*興行師(米国ダンサー兼興行主 ロイ・フラー氏)
*17歳の花子(実際は38歳)
*パリのパスツール研究所で為事をして三箇月になる学生で通訳を務める久保田

Auguste Rodinは為事場へ出て来た。
広い間一ぱいに朝日が差し込んでゐる。〜
つい此間まで聖心派の尼寺になつていた。〜
尼達が此間で賛美歌を歌はせてゐたのであらう。
巣の内の雛が親鳥の来るのを目付けたやうに、一列に並んだ娘達が桃色の脣を開いて歌つた事であらう。〜

(全裸の花子をデッサンするロダンを隣の部屋で久保田は本を読んで待つ)

「ボオドレエルの何を読みましたか。」
「おもちやの形而上学です。」
「人の体も形が形として面白いのではありません。霊の鏡です。形の上に透き徹つて見える内の焰が面白いのです。」

1908年 ロダン作「花子のマスク」(1974年に鋳造) 神奈川県立美術館蔵
鎌倉別館にて3/23日迄公開。
写真:日経新聞より
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-12-22 03:16 | Comments(0)