思うままに


by abdulmajid0922

<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

e0322201_19102311.jpg

街路樹の土場には、紫陽花(アジサイ)を植えています。
間借りしたようにクロッカスが咲きました

e0322201_19102570.jpg

最盛期には2mを超える
立葵(タチアオイ)です。ハイビスカスと同じ仲間です。

e0322201_19102749.jpg

水仙です。

e0322201_19102895.jpg

ジャーマン・アイリス
道路には、まだまだ雪が残っています。

3月31日に、路上で咲く花を見たのは記録です。
画像:札幌市中央区大通の路上。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-31 19:06 | Comments(0)

春文学 の巻

e0322201_10124874.jpg

e0322201_10125299.jpg

e0322201_10125550.jpg

オー・ヘンリー 1862年〜1910年 米国の小説家
1905年作品「最後の一葉」
11月のNYのグリニッジ・ヴィレッジ
枯れそうな蔦(ツタ)の葉、次の日も、次の日も落ちなかった。
病人は回復。
嵐の夜に壁に蔦の絵を描いた
老画家は、2日後肺炎で死ぬ。
見事な自己犠牲。

画像:1・2・3・北海道大学
恵迪寮D棟・C棟の2013年11月の蔦です。
札幌は長い冬を終え「春の雪」がひかり輝いています。

e0322201_101259100.jpg

谷崎潤一郎1886年東京 人形町生まれ〜1965年 享年79歳。
1955年〜56年「幼少時代」での父親の会話は東京の落語家の話す下町言葉でべらんめえ調でした。
1923年(大正12年9月1日) に関東大震災後、関西へ移住しました。

1933年(昭和8年)作品「春琴抄」を春の訪れるようすを見せる
札幌で是非御一読されます事をお勧めします。

春琴に尽くした検校、温井佐助の文中の言葉より......「誰しも眼が潰れることで不仕合はせだと思ふであらうが自分は盲目になってからさう云ふ感情を味はったことがない寧ろ反對にこの世が極楽浄土にでもなったやうに思はれお師匠さまと唯二人生きながら蓮の臺(はちすの うてな)の上に住んでいるやうな心地がした。......
谷崎は源氏物語風に句読点を極力使用しないように仕上げました。
素晴らしい文学作品であり、
素晴らしい谷崎自身のマゾヒズムを露出した作品です。
永井荷風の耽美主義に心酔した
谷崎47歳の作品です。
2年後1935年(昭和10年)に源氏物語の現代語訳を開始しました。

1964年 死の前年に、
三回目の現代語訳源氏物語に
着手。
日本人初の全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれました。


e0322201_1013326.jpg

三島由紀夫1925年(大正14年)〜
1970年(昭和45年) 享年45歳。
決定盤 三島由紀夫全集 36 新潮社より
「寿」梁塵口伝集の中に
〈松の木かげに立ちよれば
千とせの緑は身にしめる
松が枝かざしにさしつれば
春の雪こそ降りかかれ〉
ー昭和十七年・二・十八ー

三島由紀夫17歳にしての日記様の記録が
40歳で「春の雪」という作品名を付けて主人公の名が松枝(まつがえ) です。

「春の雪」は1965年〜1967年「新潮」に連載され三島の掉尾を飾る四部作「豊饒の海」第一作です。
オープニングは読者を最後まで惹きつけるために氏は大ラブロマンスに仕上げました。
氏の敬愛する谷崎潤一郎や森鷗外のように豊かな語彙と美しく素晴らしい文章表現が湧き出てきます。


フランシス・フォード・コッポラが「春の雪」の映画化を考慮中、三島の自決があり、当時、
京都大学で英文学講師をしていた
兄のレナード・シュレイダーは
この事件をアメリカの
弟のポール・シュレイダーに知らせました。
以降、弟は三島の本を読み漁ります。そして映画作りを決めて、
コッポラに協力を求めたのです。

ポール・シュレイダー監督1985年
「Mishima:A Life In Four Chapters」
日米合作映画
製作総指揮:ジョージ・ルーカス&フランシス・フォード・コッポラ
兄レナードと兄の妻チエコと
3人の共同脚本
音楽:フィリップ・グラス
衣装:石岡瑛子
ナレーター:ロイ・シャイダー
三島由紀夫役には緒形拳、
「鏡子の家」に横尾忠則、(左幸子の演技が抜群です。)
「金閣寺」に坂東八十助、
「奔馬」(豊饒の海 第二作)に
永島敏行が出演。
日本以外の国で公開されました。
AAAクラスの作品です。
1985年 カンヌ国際映画祭で
最優秀芸術貢献賞を受賞しました。

谷崎潤一郎作品「おふくろ、お關(せき)、春の雪」があります。
1959年12月「週刊朝日別冊」に掲載。三島は「金色の死」を相当、気にいっていた作品です。
三島由紀夫が書いたような作品です。
学習院中等科時代、既に谷崎作品を愛読していました。
「悪魔」読後で食事ができなくなるほど気分が悪くなるのでした。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-30 09:52 | Comments(0)

冬と春の刹那 の巻

e0322201_9163874.jpg

雪の中で耐える
ハナミズキ(ミズキ科・別名 アメリカヤマボウシ)
札幌医科大学 基礎医学研究棟
前庭にて
札幌市中央区南1条西17丁目


e0322201_9164557.jpg

街路樹の土場に現れた
タンポポ(キク科)
日本人は滅多に食用にはしませんが、普通に食卓へ生野菜サラダとして
戴く習慣の国もあります。
日本人はキンピラで戴く、地中海沿岸の国々が原産のゴボウを
彼らは食用にする習慣はないのです。
「所変われば品変わる」と申します。

e0322201_9164872.jpg

ヨーロッパの様々なアヤメで、品種改良された
ジャーマン・アイリス(アヤメ科)です。
繊細さを追求しない、大ぶりで大胆な色彩が特徴です。

e0322201_9165015.jpg

積極的に氷道を砕き、
冬と「おさらば」したい気持ちがよく分かります。
ここの段差は10cmほどの道です。
ユニヴァーサル・デザインは冬の間に凍結します。

e0322201_9165451.jpg

埋れていた道路脇の雪山からのハエマツ(マツ科)


e0322201_916561.jpg

北海道立 三岸好太郎美術館前の植え込みの
ハイビャクシン(ヒノキ科)
札幌市中央区北2条西15丁目


e0322201_9165891.jpg

ナツツバキ(ツバキ科)
樹皮は色を変えたプラタナスのようです。
北大植物園初代園長の宮部金吾博士の居住地跡の
宮部記念緑地にて
札幌市中央区北6条西13丁目

e0322201_917195.jpg

日販の前庭の延長です。
樹を伐採しなかった事に感激します。
ヨーロッパ黒松、サワラの大きな樹の下では、
よい香りが漂っています。
札幌市中央区北1条西13丁目

e0322201_917442.jpg

さっぽろ雪まつりでは毎年、市民雪像の会場になる為、
雪はまだまだ残っています。
札幌市中央区大通西12丁目。

札幌の四季
春 4.5.6月
夏 7.8月
秋 9.10月
冬 11.12.1.2.3月
冬体験は北海道観光の
大きな魅力のひとつです。
2月は衝撃を受けるほどの寒さです。
全北海道で冬祭りが開催されます。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-29 09:01 | Comments(0)
e0322201_9222993.jpg

1936年 昭和11年の建造物です。
知事公館正面に植えらた美しい白樺。

e0322201_9223261.jpg

裏庭の風景。
のむらかえで
e0322201_9223433.jpg

ヨーロッパ黒松と
ヨーロッパ赤松。
ヨーロッパ黒松は、今を盛りに落葉しています。


e0322201_9223777.jpg

千両梨。後方はヨーロッパトウヒです。
針葉をちぎって匂いを嗅ぎますと、とても良い香りがします。

e0322201_9223979.jpg

一位。

e0322201_9224299.jpg

桜。

e0322201_9224476.jpg

雪に耐えて麗しい梅。

e0322201_9224764.jpg

リンゴ。
リンゴと言えば、開拓使の任務により明治9年(1876年)にエドウィン・ダン(獣医師)と共に東京から
来札されて以来、北海道に多大な功績を遺されました、
ルイス・ベーマーが偲ばれます。
明治12年(1879年) 余市と札幌にリンゴの初なり報告を彼は聞くのです。

*樹木は他に、
ホウノキ、ハリギリ 、ハクウンボク、ハウチワカエデ、ニセアカシア、イチョウ、サワラ、ハルニレ....。札幌円山養樹園(明治13年〜24年) の名残りなのかアンズも植えられています。
冬は随所に昔のクリスマス・カードを見るような美しく絵画的な風景が見られます。
夏から秋には市民の憩いの場所です。

画像:北海道知事公館の庭
札幌市中央区北1条西16丁目
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-28 09:12 | Comments(0)

清華亭 の巻

e0322201_9553599.jpg

洋式のベイ・ウィンドウ(出窓)が見えます。
ヨーロッパ黒松、一位が多く植えられています。
清華亭庭園の設計は豊平館の庭園ともルイス・ベーマーによるものです。
彼はドイツ系アメリカ人、
北海道開拓使顧問ホーレス・ケプロンを介して来日し、
1876年(明治9年)エドウィン・ダンと共に来札。
植物栽培の指導で開拓使に雇用されました。
ベーマーは沙流郡で自生ホップを見つけ、ビール製造へと繋がります。
農畜産を産業へと高めた
エドウィン・ダンと並び
北海道開拓に多大な貢献をし、
現代の北海道の産業の基礎を作られた方がたです。
ケプロン、ベーマー、ダン氏を
道民は決して、
おろそかには出来ない方々なのです。

e0322201_9553674.jpg

正門。ヨーロッパ黒松が続きます。

e0322201_9553822.jpg

明治14年 明治天皇行幸の記念碑。
左面には「史蹟名勝天然紀念物保存法ニ依り
史蹟トシテ昭和八年十一月
文部大臣指定」
右面には「昭和十年六月建設」と刻まれております。

e0322201_9553919.jpg

切り妻屋根の玄関正面。
北海道開拓使の象徴の五稜星。
明治41年 東北帝国大学農科大学
(現:北海道大学)の英語教師となりました、
有島武郎は学生たちと美術団体「黒百合会」を創設。
黒百合会第一回展を清華亭で開催しました。
2014年は「105回目」です。
北海道大学 美術部は今日にも
しっかりと受け継いでいます

e0322201_9554184.jpg


清華亭にかかわった人々
左から新渡戸稲造、宮部金吾、
内村鑑三。(北大北方資料室蔵)
明治16年 東京にて。

新渡戸稲造の椅子の周りを飾るフリンジの何と豪華な事、これを贅沢と言います。
明治14年の夏、仲良し三人は清華亭のある、
偕楽園で将来の夢を語り合ったといいます。

*内村鑑三(1861年江戸・小石川生まれ〜1930年)
1884年(明治13年) 23歳の時に
渡米。拝金主義、人種差別のキリスト教国の現実に幻滅しました。
新島襄の紹介でマサチューセッツのアーマスト大学へ私費留学。
渡米先で会った学者に「クラークが植物学で口を利くなど不思議だ」と笑われました。(Wikipediaより)
1882年以来の外国人宣教師に依存しない
「札幌独立キリスト教会」の
所在地は、
札幌市中央区大通西22丁目です。

*宮部金吾(1860年武蔵国(東京)生まれ〜1951年・植物学者)は
クラークが開拓使に話したハーバード大学に留学しました。
アーノルド樹木園で
研究をされ、学位を取り、
1886年(明治19年)に植物園を創設し、
北海道大学農学部附属植物園園長に就任しました。
1949年 札幌市名誉市民第一号の博士です。
博士の居住地跡は
1991年 平成3年度開園 「宮部記念緑地」になっています。
札幌市中央区北6条西13丁目。

*新渡戸稲造(1862年盛岡生まれ〜1933年 「武士道」/著者)
森鷗外と同年生まれです。
13歳で東京英語学校(現:東大)入学し、
ここで後の北海道大学学長になる
佐藤昌介と親交を持ちました。
札幌農学校卒業後、東大に進学しましたが、札幌農学校に比べ
研究レベルの低さに失望。
「太平洋の架け橋になりたい」と
米国へ私費留学しました。その後ドイツへ留学しました。
札幌にご夫妻は
1894年(明治27年)〜1944年(昭和19年迄の50年間) 「遠友夜学校」を設立しました。
有島武郎は校歌の作詞をし、
札幌農学校の学生らと共に、教鞭をとりました。
札幌市資料館2Fにて
「遠友夜学校記念室」が設けられております。


e0322201_955425.jpg

亭内の洋室の展示品、
「偕楽園絵図」より
これは札幌市の貴重な歴史資料です。

清華亭の絵の上部には桑園の競馬場が描かれています。
右側には博物場が有り、
招魂社には玉垣を巡らし、
有栖川宮熾仁親王題字の
「屯田兵招魂之碑」
(明治12年竣工)が描かれております。
西南戦争で戦病死されました
琴似・山鼻出身の屯田兵の慰霊碑です。
現在、慰霊碑は
札幌護国神社「彰徳苑」へ移設されております。
札幌市中央区南15条西5丁目。

明治をお好きな方々は
清華亭にお越し戴いて是非、この絵図の実物をご覧になって下さい。


e0322201_9554497.jpg

e0322201_9554510.jpg

書院造り風の座敷。
床の間に掲げられております
掛軸は
明治天皇御製でございます。

e0322201_9554662.jpg

e0322201_9554815.jpg

e0322201_9554980.jpg

和室。洋室。
清華亭の周りのヨーロッパ黒松は
画像の奥の北海道大学構内迄続いているのです。

偉大な先人たちとの関わり、
偉大な開拓使の人々、ケプロン、ルイス・ベーマー、
エドウィン・ダン、クラーク等....。
北海道の歴史を遡り、現在との繋がりを研究する事にしました。

清華亭
札幌市指定 有形文化財
札幌市北区北7条西7丁目
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-27 09:41 | Comments(0)
e0322201_9185039.jpg

e0322201_9185252.jpg

札幌市中央区大通公園10丁目にはお二人の像が並んでいます。

e0322201_9185498.jpg

黒田清隆
1840年 鹿児島県生まれ~1900年(明治33年)東京にて死去。
戊辰戦争で五稜郭の戦いを指揮。
屯田兵制度の導入。
開拓長官。
明治15年 政変により開拓長官を辞任。
1888年(明治21年) 内閣総理大臣になりました。

e0322201_9185567.jpg

「黒田清隆之像」
制作:雨宮治郎
題字:町村金吾(北海道知事時代です。
父・金弥は札幌農学校2期生。
エドウィン・ダンにアメリカ式農場経営法を学びました。)
建立:昭和四十二年十月
北海道開拓功労者顕彰像建立期成会

北海道開拓使長官1870年(明治3年)〜1872年(明治5年)

e0322201_9185798.jpg

Horace Capron(ホーレス・ケプロン)
(1804年 米・マサチューセッツ州出身~1885年 ワシントンD.C.にて死去)
米・政府農務長官
1871年(明治4年7月)〜1875年(明治8年5月)迄日本滞在。
1871年(明治4年) 渡米していた黒田清隆の懇願に応えて開拓使顧問として訪日しました。

北海道開発に貢献され、
道路建設、工業、水産業、農業各分野で提言を行い、
北海道の基盤造りを提案された方です。

1872年(明治5年)「開拓使仮学校」と開拓使を東京の芝 増上寺に併設し、
運営に黒田清隆とケプロンが
大きな役割を果たしました

1875年(明治8年)「 札幌学校」と改称し、札幌で開校
同年9月7日 開校式で校舎は、時計台そばにありました外国人寄宿舎を改築しました。

同年に
・ルイス・べーマー (果樹園技師・園芸・造園の指導者 、
自生ホップの発見が
ビール製造へと繋がります)
・エドウィン・ダン (獣医師・農畜産の指導者・競走馬・競馬場の建設)
のアメリカ人の二人は東京官園から
来札しました。

1876年(明治9年) 札幌学校から
「札幌農学校」となります。
新島襄の紹介により黒田清隆は、
1863年創立 マサチューセッツ農科大学の実質初代学長クラークを
札幌農学校のPresidentとして
1年契約で来札させました。
クラーク教頭はケプロンの制作した学則をそのまま使用しました。

北海道開拓100年を記念して黒田清隆北海道開拓使長官とケプロン開拓使顧問の偉業を回顧し、功績を永く後世に伝えるために建立されました。(碑文略)

e0322201_9185856.jpg

「ホーレス ケプロン之像」
制作:野々村一男
題字:町村金吾
建立:昭和四十二年十月
北海道開拓功労者顕彰像建立期成会


今日の北海道の発展の基礎を築いたこれらの方々の功績を忘れないようにしたいものです。
尚、ルイス・ベーマー(来札時 32歳)、
エドウィン・ダン(来札時 27歳)の北海道にもたらした恩恵は計り知れません。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-26 09:09 | Comments(0)

彼岸過ぎ の巻

e0322201_10191938.jpg

日向ぼっこをする人が登場しました。
セロトニンが分泌されています。
16:30。時計塔に表示されています只今の気温11℃。
今年の札幌の最高気温です。

e0322201_10192274.jpg

e0322201_10192415.jpg

e0322201_10192591.jpg

e0322201_10192727.jpg

南側駐車場のようすです。
午後の春の陽射しが「やる気」を起こさせます。
アドレナリンが分泌されています。
生花店には「彼岸桜」が店頭にいっぱいでした。
札幌に桜の薫り漂うまで、あと40日です。
名古屋、岐阜、静岡では桜開花宣言されました。


e0322201_10193267.jpg

南3条通りの南側の歩道は、
かなり雪が融けています。
脇に積まれた雪はまだまだ残っています。

画像:札幌医科大学附属病院駐車場にて

*屋根からの落雪による死者の報道がなされています。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-25 10:10 | Comments(0)

流行 の巻

e0322201_9423497.jpg

e0322201_9423654.jpg

道産品であるから食品の安心・安全に於いて信用ができる。
並んでいるから、きっといい物なのであろうと、
付和雷同もおられよう。
北海道食材を豊富に取り揃えている店です。

e0322201_9423781.jpg

e0322201_9423830.jpg

ダイエット宣言した舌の根の乾かぬうちに、スウィーツは別腹。
見るからに体重が増えそうなパンケーキは
札幌でも人気メニューになりました。
時給を抑え、
仕入れ小麦粉価格が高いせいと、お高く止まっているが、
売り値は間違いなく、とびっきり高いです。
働く女子は気にならない価格か。
リッチを演ずる自分に酔い知れ、自分を癒すひと時。
「風の中の羽根のように」
〜リゴレット〜
女は自由
「花より団子」
「女はみんな、そうしたものさ」~コシ・ファン・トゥッテ~


喫煙席が有り、Wifiが有り、
客本位の店であるのが魅力です。
繁盛しているという事は、社会貢献しているという事です。
素晴らしい事です。
今後の企画を楽しみにしておりますぞ。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-24 09:38 | Comments(0)
e0322201_950542.jpg

e0322201_9511192.jpg

北海道立近代美術館1Fホール
ミュージアム・コンサートの始まり、始まり〜。

タマラ・コキラシヴィリさんは
グルジア出身のピアニストです。
薄い化粧に黒い衣装で登場されて
素敵な方です。
グルジアはワイン発祥の国です。
グルジア文字表記は有るでしょうがグルジアはGeorgia(ジョージア)と書きます。
日本人には親しみが湧きます。

演奏曲について
バッハ (ドイツ) 1723年頃の作曲
*フランス組曲第一番二短調

1 アルマンド(ドイツの舞曲)
2 クーラント(フランスの舞曲)
3 サラバンド(スペインの舞曲)
4 メヌエット 1(フランスの舞曲)
5 メヌエット 2
6 ジーグ(英国の舞曲)

♯バッハのアダージョ集を聴くようなふわふわと優雅な気分に浸りました。
CDの音に慣れていますので、
生演奏は貴重な体験です。
雪景色の札幌にぴったりの選曲です。
タマラさんありがとうございます。

シューマン(ドイツ) 1834年~37年に作曲
*交響的練習曲 作品13

♯ピアノのための練習曲です。
タマラ・コキラシヴィリさんも暗譜されていらっしゃいましたが、
実に大変な事です。
最初に楽譜なしで演奏された方はシューマン夫人、クララです。
クララ・シューマンはリストが楽譜どころか鍵盤すら見ずに演奏する姿勢に影響を受けたのです。

ドビュッシー(フランス)
*24の前奏曲から6曲を演奏されました。
♯プログラムの4曲目「沈める寺」の題名を気に入り、
三島由紀夫は1955年(昭和30年) 「中央公論」に
「沈める滝」を連載しました。


e0322201_9512166.jpg

演奏会を待つ人びと。
15:00が近くなりますと
係りの方々が手早く、増席しました。

e0322201_9512927.jpg

2Fから
左手は彫刻家ロダンの
弟子ブールデル作品
小槌を持ち、ライオンの毛皮を背負っている
「力」(1918年~1923年作)です。
「雄弁」(道立旭川美術館)
「勝利」(道立帯広美術館)
「自由」(道立函館美術館)の4作品の1つです。

e0322201_9513178.jpg

e0322201_9513360.jpg

e0322201_9513555.jpg

演奏に使用されました、美術館所蔵のピアノです。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-23 09:43 | Comments(0)

冬の作業 の巻

e0322201_7475253.jpg

除雪の為に、個人で所有しています。

e0322201_7475541.jpg

除雪は、運動量が減る冬場の
大切な運動にもなるのです。

e0322201_7522813.jpg

札幌医科大学棟と附属病院棟との通路の確保

e0322201_7523813.jpg

狸小路10丁目の車道・歩道の除雪。
中央区民センター・図書室からの様子。

e0322201_7524259.jpg

札幌市中央区民センター玄関前の除雪。

e0322201_7525737.jpg

石山通り南1条の除雪。


e0322201_75333.jpg

ビルのファサード屋根の雪下ろし。

e0322201_753676.jpg

e0322201_753828.jpg

e0322201_7531033.jpg

北海道知事公館内の除雪
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-03-22 07:39 | Comments(0)