思うままに


by abdulmajid0922

<   2014年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ラミウム の巻

e0322201_6153846.jpg

e0322201_6154070.jpg

ラミウム
(踊子草・オドリコソウ・
シソ科・オドリコソウ属 Lamium)

学名:
ラミウム・マクラツム
ピンクパールです。
Lamium maculatum (発音マーキュレイラム)
“Pink pearls”

葉の模様に目が奪われました。
咲いている場所は保育所の花壇ですから子供のいたずらかと思いました。

スペアミントもそばに植えてありますので、画像を撮る際に、大変良い香りがしました。

ラミウムの葉をハーブティー(デッド・ネットル・Dead nettle・オドリコソウ)に利用されています。

5月の札幌市中央区の保育所の花壇にて。


e0322201_6154295.jpg

e0322201_6154396.jpg

イタリアンレストラン前
学名:ラミウム・マクラツム
ビーコンシルバーです。
Lamium maculatum
“Beacon silver”

別名:ツルオドリコソウ

原産地:地中海沿岸部

花言葉「気づかれない想い・
清明・陽気・愛嬌...」

ホトケノザ、オドリコソウの同属です。
グラウンド・カバーに適しています。


e0322201_6154544.jpg

街路樹の土場にて咲いています。
札幌市中央区南大通りにて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-30 06:09 | Comments(0)
e0322201_1714232.jpg

大通公園12丁目 バラ花壇は農薬をいっさい使用していません。
(工藤先生曰く・いわく)

サンクガーデンでNo.1の強烈な
緋色が美しい「宴」です。

作出者 Ota 日本 1977年作出。


e0322201_1714498.jpg

e0322201_1714632.jpg

12丁目のバラの世界の監督をされていらっしゃいます「工藤先生」です。

先生と会話をすることが出来まして感動しております。

「無農薬で育つバラのみが植栽されています。」

虫の多い事に苦情を言いに来られたご婦人への先生の回答です。

「公園は小さなお子さんが遊びに来ていますから、万が一のために薬を使用する訳には行かないのです。」

この言葉は昨年末、バラの黒点病予防のため、「宴」の葉をすべて取り除いていらしたボランティアの方から伺ったお話しです。


e0322201_1715096.jpg

工藤先生は札幌市公園緑化協会のご依頼を受け、「バラ相談コーナー」の担当をお務めになられております。


e0322201_171525.jpg

e0322201_1715592.jpg

12丁目の北側、南側にそれぞれ移動カフェ、甘い物を販売して会場のお客様に貢献して下さっています。

ベンチに腰を掛けバラを愛でながら手づくりの飲み物をいただく。
素敵な非日常。
ありがたい企画です。
自販機の缶コーヒーを飲むのとは訳が違います。

これは雰囲気が上昇しますから
とても良いアイデアです。
来年も是非是非出店されることをお願いします。

白いバラ
「アイスバーグ」
ドイツ コルデス社 1958年作出。

主催されました
札幌市公園緑化協会様の
素敵な企画をありがとうございます。

ずっと続けてくださることを
お願いします。
天候に恵まれ大変に楽しい2日間です。

e0322201_171583.jpg

バラ 品種名「宴」です。
時期が来ますと、病気予防の為に葉はすべて取り除いてしまいます。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-29 16:52 | Comments(0)

カフェ パン ジ の巻

e0322201_1471892.jpg

2014年 6月28日・29日 の2日間は
大通公園12丁目にて
「大通公園バラフェスタ 第1回」
主催:札幌市公園緑化協会
が開催中です。

緋色が美しい品種名「宴」です。

e0322201_1472176.jpg

e0322201_1472288.jpg

e0322201_147295.jpg

美しい12丁目の
バラ花壇のあるサンクガーデンにて
札幌移動カフェCafe Pan gi はこの第1回の企画に賛同・出店されました。

珈琲好きには大変にありがたい出来事です。
炎天下でもHot Coffeeを飲むのはへっちゃらです。

天候に恵まれたせいか
バラの花はもちろん、他の木々、お客さん、カフェ パン ジの主(あるじ)も皆、美しく輝いています。

「Pan giの意味は...」

「僕らの意味では...「思考」...なんです」と主は語る。

「何語...」

「僕らで考えた言葉なんです」

「じゃ 特別 語源があるわけじゃないんですか」

「ハイ」

ふと思うと、「試行」かもしれない...

まだ間に合う、珈琲をもう一杯いただきに行くことにする。

1976年 Bob Dylan 作品
「One More Cup of Coffee・
コーヒーをもう一杯くれ、家を出て行く前に」と女との別れの状況を歌った
男を泣かせる名曲があります。



主に確認しました。「思考」です。

e0322201_1473245.jpg

e0322201_1473388.jpg

e0322201_1473489.jpg

主から戴きました「栞・しおり」です。

e0322201_1473634.jpg

大正15年に建設されました
現在は札幌市資料館です。

館内や裏庭の「カッコウの森」ではこちらも
第1回の「札幌国際芸術祭2014」の準備が進められています。

手前のピンクのバラ
「サマーウィンド」
ドイツ 創業1887年のコルデス社
1985年作出。

中間の赤いバラ
「スカーレット メイディランド」
フランス 創業1850年メイアン社
1985年作出。

奥の赤いバラ
「宴」
日本 作出者 Ota 1977年作出。


e0322201_1473891.jpg

バラの香りの中でいただく珈琲は初体験です。

容器にはバラのシールが貼られています。
この繊細な神経が日本の誇り「匠」の世界へ繋がるのです。
主の流儀を感じ取りました。

主よ、ありがとう!
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-29 14:01 | Comments(1)
e0322201_891177.jpg

e0322201_891628.jpg

e0322201_893346.jpg

イングリッシュ・デイジー
(キク科・ヒナギク属)

別名:ローンデージー(芝生のヒナギク)

原産地:ヨーロッパ

花言葉「美人・無邪気・希望...」

千両梨の樹のそばです。
樹の下は春に黄色い
エゾヒメアマナが
びっしり覆う地面ですが、
自然に占有地が区分けされています。

初夏の陽だまりと小さなイングリッシュ・デイジーが絵本を見るような世界を生み出しています。
ピンク色の花も咲いています。

北海道知事公館庭園にて。


e0322201_894052.jpg

道一本隔てた北海道立近代美術館の北側の庭のデイジーです。
月曜日ですから美術館は休館。
園芸師さんが張り切って作業をしております。
有難うございます。

デイジー(Daisy)
和名:ヒナギク(雛菊)

札幌市資料館前にもたくさん咲いています。
4月に雪が融け、5月6月はいきなり花ざかりの札幌市です。
風に乗って街中が花の薫りに満たされています。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-29 08:05 | Comments(0)
e0322201_13293967.jpg

e0322201_13294821.jpg

花殻つみのバラ愛好家。
かんかん照りの中で、有難うございます。
美を保つには手入れが必要、人も同じです。


e0322201_13295386.jpg

移動カフェの登場で人が集まります。
「Cafe Pan gi / Bar LOF」と
ブレンドコーヒーの容器に書かれてありました。
炎天下にちょうど良い熱さのコーヒーでした。ごちそうさまでした。
来年もCome here,please.

e0322201_13295731.jpg

すがれた花を摘む光景は
ちゃっきり娘です。

e0322201_13295883.jpg

e0322201_1330012.jpg

初の企画に賛同して下さる業者は勇気のある方です。
「水」を売っているか主に尋ねると、
「いいや、無いです。水ならそっちにあるよっ」
差し出した主の指先に目をやるとそこは、ワーゲンのすぐ後ろ。
公園に設置された「水飲み場」でした。(呵々)

e0322201_133028.jpg

赤いバラ:
"Engrid Weibull" ーF1ー
イングリット ウェイブル

1981年 ドイツのタンタウ社の作出。

e0322201_1330610.jpg

バラ花壇にあります噴水に
テーブルの設置が素敵な演出です。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-28 13:06 | Comments(0)

ゲラニューム の巻

e0322201_8584510.jpg

e0322201_8584935.jpg

ゲラニューム・ピレネカム
(風露草・フウロソウ科・フウロソウ属)

“ビルウォリス Bill Wallis”

学名:Geranium pyrenaicum
“ビルウォリス Bill Wallis”

原産地:ヨーロッパ

花言葉「変わらぬ信頼・陽気...」

市内の街路樹の土場に目をやると
あちこちによく咲いています。


e0322201_858548.jpg

エゾムラサキツツジが咲く頃からの5月から咲いています。
咲いている期間が長い花です。
早春から丈が伸びて、どんどん咲き続けています。

e0322201_8585918.jpg

e0322201_859328.jpg

e0322201_859128.jpg

6月下旬です。
茎が伸びています。

札幌市中央区西・円山界隈にて。


e0322201_8591548.jpg

e0322201_8591667.jpg

ゲラニューム・サンギネウム
学名:Geranium sanguineum

(フウロソウ科・フウロソウ属)

和名:アケボノフウロ(曙風露)

原産地:ヨーロッパ〜コーカサス、北トルコ

花言葉「陽気・決心....」

爽やかな紫色です。

札幌市中央区大通りにて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-28 08:54 | Comments(0)

マルバ モスカータ の巻

e0322201_9381143.jpg

マルバ モスカータ
" アップルブロッサム"
(アオイ科・マルバ属)

学名:Malva moschata "Appleblossom"
英名:Musk mallow

和名:ジャコウアオイ(麝香葵)

別名・ハーブ名:ムスクマロウ

原産地:ヨーロッパ〜地中海沿岸部

花言葉「柔和・温厚」

涼しげな柔らかいピンク色で心が安らぎます。

札幌市中央区南1条通り
街路樹の土場です。

e0322201_9381498.jpg

e0322201_9381621.jpg

マルバ モスカータ "アルバ"

学名:Malva moschata "alba"
(アオイ科・ゼニアオイ属)

別名:ムスクマロウ ホワイト

原産地:ヨーロッパ

花言葉「大きな志・高貴...」

葉の形は全く違いますが
タチアオイの仲間です。
大袈裟さがなく、清楚に美しく
咲いています。

Webでは花も若葉も食用可能とあります。

画像:札幌市中央区円山界隈にて。


e0322201_9381945.jpg

e0322201_9382219.jpg

e0322201_938239.jpg

大通公園の
「花フェスタ2014札幌」
の会場です。
恵庭市から出店されていました、(株)サンガーデン様の商品に出ていましたので、
名前が分かりました。
Webでは見つけられませんでした。助かりました。
有難うございます。


e0322201_9382664.jpg

e0322201_9382811.jpg

同じ仲間のタチアオイ(立葵)がもう咲いています。

e0322201_9382944.jpg

町内の御宅の花畑に咲いています。
マルバ・モスカータ " アルバ " です。

e0322201_9383034.jpg

「北海道フラワーガーデン協会」
のレジスターの係りの方が
デバイスの画像からアオイ科であることを教えて下さいました。
有難うございます。
おかげさまで、ブログが1件完成する事ができました。

中島公園の春の園芸市でもそうでしたが、どこのお花屋さんも兎に角質問にはきちんと対応して下さるのが大変にありがたいです。

大通公園の
「花フェスタ2014札幌」も同じく皆さんがとても丁寧に教えて下さり、
本当にありがたい体験をしました。
声を大にして言いたいです。
ありがとうございました。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-27 09:30 | Comments(0)

カナメモチ の巻

e0322201_7451240.jpg

e0322201_7451448.jpg

e0322201_7451690.jpg

カナメモチ(要黐・バラ科・カナメモチ属)

原産地:日本・中国

花言葉「賑やか」


幹は硬く扇の骨・鎌の柄に利用しています。

別名:扇骨(せんこつ)・アカメモチ

葉は(鋸歯)細かいぎざぎざ状です。
ナナカマドの花とよく似ている花が咲きます。
そして、ナナカマドとよく似ている実が付きます。

高円寺こうしん通り商店街で
不思議なツバキがあると思い行く足を止めて、じっくり見ました。
鮮烈な赤が大変、美しいです。

ツバキの葉のようで、道産子には照葉樹の識別は本当に難しいです。


e0322201_745172.jpg

新葉の赤い理由は、葉緑素が十分作られていないので、アントシアニンが紫外線から若葉を守るからです。

中野区の早稲田通りです。
トウカエデの街路樹です。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-26 07:42 | Comments(0)

ナンキンハゼ の巻

e0322201_9452380.jpg

ナンキンハゼ(南京黄櫨・トウダイグサ科・ナンキンハゼ属)

原産地:中国・東南アジア

花言葉「心が通じる・真心」

中野セントラルパーク サウス前のパークアベニューに沿って植えられています。


e0322201_9452610.jpg

e0322201_9452787.jpg

梅雨入りしました。6月5日です。
奥のビルは「明治大学・中野キャンパス」です。


e0322201_9452973.jpg

e0322201_9453195.jpg

e0322201_9453419.jpg

この時期の若葉の美しいことに目を見張ります。
蕾が出来ています。
やがて、小さな黄色い花が咲きます。

葉はライラックによく似ています。

有毒である種子から「ろう・蝋・ワックス」が採れます。

冬へ向けて葉の色は黄色からどんどん赤に向かいます。
環境にふさわしく、美しい樹木を選定し植えられた事に感激しています。


中野区
JR中野駅北口側
中野セントラルパーク サウス前
にて。

2014 7/1〜9/30
ビア・ガーデンが開催されます。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-25 09:43 | Comments(0)

シャクナゲ の巻2

e0322201_3574570.jpg

e0322201_3574683.jpg

シャクナゲ(石楠花・ツツジ科・ツツジ属)

原産地:ヒマラヤ

花言葉「威厳・荘厳・危険...」

シャクナゲは「草木の帝王」と言われます。
西洋シャクナゲの紫色です。
ツツジに大変、似ている花です。
開花前の花の紫色は熱帯植物園にいるような気がします。


e0322201_3574715.jpg

e0322201_357485.jpg

e0322201_3575048.jpg

ハクサンシャクナゲ
(白山石楠花)

原産地:日本・北海道〜四国に分布しています。

*白山〜石川県・岐阜県の県境

画像:札幌医科大学 臨床教育研究棟の花壇にて


e0322201_3575181.jpg

e0322201_3575297.jpg

ハクサンシャクナゲ。
北海道立近代美術館前庭にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-06-24 03:43 | Comments(0)