思うままに


by abdulmajid0922

<   2014年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

男心と秋の空 の巻

e0322201_8262594.jpg

e0322201_8262731.jpg

H氏がバーにやって来た。

すでに酔っている。
そうなると、
大胆な行動に出るいつものH氏。
バーに入るや否や、好みがいるかどうか一瞬にして見極める。

動物である。

腰掛けた席の隣の客をあからさまにじっと見つめる。
客は誘いを断った。

H氏は酔うと別人になり、
破廉恥な行動を取る。
僕のどこがいけないの
と客に問いただす。

H氏は今夜も店主に叱られる。

H氏は席を変える。
そして言うのです
初対面の客を相手に僕の家に来ませんか。


昔のヨーロッパ映画を見るようです。
人間は昼と夜は別の顔になるのです。


画像:同じ道の左右の空模様です。


e0322201_8262891.jpg

ヒデちゃんがバーにやって来た。

ヒデちゃん、今晩は。
お久しぶりですね。
いらっしゃいませ。
こちらへお座りな。
こちらユリちゃんです。
ユリちゃん、こちらはヒデちゃんです。
ヒデちゃんは
もう転勤は無いだろうと思って
大通公園の近くの
マンションを買って2〜3ヶ月後に帯広市に転勤した方なんですよ。
今日、札幌に帰って来たんです。

ヒデちゃん、ユリちゃんと何かお話しをして上げてください。

その夜、
二人は楽園へ誘われる
ようにしあわせの顔をしてバーを出ました。

二三日程経って
ヒデちゃんがバーにやって来た。

もう会いたくないと言うヒデちゃんです。
ユリちゃんの部屋が汚い。
綺麗好きな人じゃないとダメだと言う。

綺麗好きのヒデちゃんは
その初めての出会いの夜は、
汚い部屋で過せたのですが....。

(時が経過しますと、
見えなかったことがいろいろと見えてきます。)

だから、店主からユリちゃんに
このヒデちゃんの気持ちを話して欲しいと言う。

店主はヒデちゃんに熱心に
恋愛講座を聞かせました。

ヒデちゃんは
そんなこと会社で部下に対して
気を遣ってやっている事だから、プライベートでは何にもしたくない。
教えるなんて面倒臭いと言う。


ヒデちゃんは50歳の独身貴族です。

e0322201_8262953.jpg

ジュンちゃんがバーにやって来た。

ジュンちゃんは席に着くなりしゃべりっぱなし
「こないだのコ、可愛かったわあ。
私が抱いてあげると身体が震えているのよ。
こんな純情なコ、いまどきいないわと思って私もうびっくり。

ここで初めて会ってから2〜3回会っていたのよ。
店に連れて来なくて悪かったけど。
あのコ、いいコなんだけど〜、

食事の仕方が汚いの。
箸をまともに持てないのよ。

私、ああいうのはダメ なの。
子を見れば親が分かるし、
親を見れば子が分かるでしょ。

悪いけど、
まともな子育て出来ない親の家庭で育った子はすべてがダメよ。

もうあのコはいらないわ。


ジュンちゃんは40がらみの独身貴族です。
心の底では長続きのする恋人を求めているのですが、
一夜かぎりが多い幸福な男です。


e0322201_8263032.jpg

今日は、映画の一場面を見るような激しい雨が降ったり
天高く馬の肥ゆるような碧空、
又、驟雨(しゅうう)。
めまぐるしく変化した一日でした。

まさに、男心と秋の空。


画像:9月 札幌の上空です。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-21 08:17 | Comments(0)

サルスベリ の巻

e0322201_5121496.jpg

e0322201_5121648.jpg

サルスベリ
(百日紅・ミソハギ科・サルスベリ属)

学名:Lagerstroemia indica

和名:猿滑(さるすべり)とも。

原作地:中国南部

花言葉「愛嬌・不用意・世話好き....」



葉は互生です。茎は赤い色をしています。

風の吹くせいか花の香りは殆どしません。

蕾がいっぱいです。


札幌市中央区大通公園2丁目の舗道にて。


e0322201_5121869.jpg

大通公園名物「とうきびワゴン」と「サルスベリ」の花です。

美しい円錐花序です。


8月の札幌市中央区
大通公園4丁目北側にて。


e0322201_5122078.jpg

e0322201_5122122.jpg

9月中旬は雨が止んだり、降ったり、又晴れの大通公園2丁目、
4丁目にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-20 05:06 | Comments(0)

タイタンビカス の巻

e0322201_8195087.jpg

タイタンビカス
(アオイ科・ヒビスクス属・
フヨウ属)

学名:Hibiscus × taitanbicus
ハイビスカス × タイタンビカス

原産地:日本

花言葉「美しさ・新しい恋....」


アメリカ芙蓉とモミジアオイとの交配種です。

2009年 浜松市にて開催されました、ジャパンフラワーセレクションで「ジャパンフラワーセレクション受賞 2009-2010」の品種です。

株式会社「赤塚植物園」様が
第一農場にて、開発されました。
(三重県津市)

一日花です。
(赤塚植物園 HP より)


草丈は現在2mを超えています。
花も「タイタン」の名にふさわしくダイナミックで有り、
手のひらより大きいです。

よそ様のお庭ですが、撮らせていただきました。


e0322201_8195313.jpg

e0322201_8195532.jpg

普通の芙蓉と思いのんびりしていました。
ところがぎっちょん大違いの「葉」に気付きました。

「芙蓉・フヨウ」でもない、
「ハイビスカス」でもないと
「葉」が強く自己主張しています。

葉に特徴がありますから、
花の名前の指定には時間がかかりましたがWebで漸く分かりました。

蕾が待機しています。

人目を惹く花の色が大変に美しいです。


札幌市中央区の閑静な住宅街にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-19 08:17 | Comments(0)

トチノキ の巻

e0322201_4433999.jpg

e0322201_4434195.jpg

e0322201_4434247.jpg

e0322201_4434445.jpg

トチノキ(栃の木・橡の木・
トチノキ科・トチノキ属)

学名:Aesculus turbinata
Aesculus=ギリシャ語=トチノキ属
Turbinata=ギリシャ語=トチノキ

原産地:日本

花言葉「贅沢・豪奢・博愛....」


紅花トチノキです。
初夏の札幌医科大学構内の遊歩道の植樹林にて。

トチノキの花は
蜜源植物でもあります。

e0322201_4434569.jpg

球形の実がなりました。

9月初旬の大通公園7丁目にて。

e0322201_44347100.jpg

南1条西15丁目から西19丁目へのトチノキの街路樹です。

e0322201_4434842.jpg

札幌駅前通りの大通公園から南へのトチノキの並木道です。

e0322201_443504.jpg

札幌市中央区石山通り中央分離帯にトチノキが植栽されています。

ベニバナトチノキではありません
白い花が咲きます。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-18 04:38 | Comments(0)

ツタとゴッホ の巻

e0322201_8294248.jpg

e0322201_8294472.jpg

フィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホ

1887年夏 パリ時代には
《木々と下生え》2点
《下生え》2点を描いています。

2年後の《キヅタ》の原点のような作品をすでに描いていました。


画像:シンジュ(神樹)とナツヅタ(夏蔦)との共生。

シンジュの根元と幹です。

札幌市中央区南3条西17丁目

e0322201_8294678.jpg

サン=レミ時代の作品です。
(1889年5月-90年5月)
1889年7月 製作
《キヅタのある木の幹》
キャンバス/油彩
73cm×92。5cm
ゴッホ美術館蔵

*画面上部に強い陽光の当たる明るい大地を描いています。

下草に咲く白い花々。

作品全体は青い世界です。


画像:イチイの木と生きるナツヅタ。

札幌市中央区南5条住宅街にて。

e0322201_8294815.jpg

《キヅタのある下生え》
キャンバス/油彩
49cm×65cm
ゴッホ美術館蔵

*蔦の這い上がる幹を上部に描き、
画面のほとんどは下草の生い茂る
大地が占めています。

手前に若木を一本置いています。

作品全体は緑色の世界です。


画像:屋敷の門にすがって生きる夏蔦。

札幌市中央区南5条住宅街にて。

e0322201_8295072.jpg

《キヅタのある木の幹》
キャンバス/油彩
45cm×60cm
クレラー・ミュラー美術館蔵

*蔦の這う幹を画面50%まで占めています。

作品全体は黄色い世界です。


画像:樹木に寄り添って生きるナツヅタ。

札幌市中央区南6条住宅街にて。


1890年4月~5月(サン=レミ)
《サンポール病院の庭の松の木とタンポポ》
《木の幹とタンポポのある花咲く草原》
キャンバス/油彩
72cm×90cm
クレラー・ミュラー美術館蔵
の原型のような作品です。

*一年間でこんなにも幹の見方が変わる物かと驚かされます。
(松の木の幹はキュビスム表現です。)


e0322201_8295494.jpg

サン=レミのサン=ポール精神病院
(アシール聖パウロ修道院)
を退院して、
セザンヌ、ピサロ、ギヨーマンの友人である
画家兼精神科医「ガシェ医師」
(当時61歳)の住む
オーヴェール=シュル=オワーズ
に移転しました。

これはピサロの勧めでした。
(1890年5月-7月27日)


パリから北へ30kmの村
オーヴェール=シュル=オワーズ

70日ほどの滞在中、70枚以上の絵を描きました。

レストラン(オーベルジュ)
「RAVOUX」
の5部屋あるひとつの屋根裏部屋に住み、アトリエにしました。

このオーベルジュは現在も営業中です。
世界中から観光客が訪れています。

(THE AUBERGE RAVOUX known
as THE HOUSE OF VAN GOGH
より)



1890年
《アドリーヌ・ラブーの肖像》
を描いています。

オーヴェルジュ「RAVOUX」の娘さんです。
ピストル自殺未遂でオーヴェルジュへ帰って来た時の様子が、
彼女の記憶に残っており記録があります。
(web:ダンナ・ナンダゴッホ論 3)

オーヴェール・ブルーと黄色で描きあげています。




オーヴェールは
終焉の地となりました。
テオの妻、ヨー(ヨハンナ)の計らいでゴッホと半年後に亡くなった
テオの墓は
1914年にこの村に兄弟並んで建てられているのです。

ゴッホ 享年37歳
テオ 享年33歳

妻、ヨー(Johannna)とテオとの
一人息子の名前は
フィンセント・ウィレム・
ファン・ゴッホです。
(1890年〜1978年)

ヨーは(1862年〜1925年)
大正15年に亡くなりました。


画像:札幌市中央区北1条
北海道神宮 表参道の
ハリエンジュ(ニセアカシア)
と共生するナツヅタです。

蔓性の植物は縋る支えがあって、
ひかり、輝くのです。

宝石が絶対に光を必要とするように。


•キヅタ(木蔦・ウコギ科・キヅタ属)

学名:Hedera rhombea
Hedera=へデラ=ラテン語=蔦
rhombea=ラテン語=菱形の

別名:フユヅタ(冬蔦)
冬でも落葉せず葉を付けています。

画像はすべて、夏蔦です。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-17 08:15 | Comments(0)

シモツケ の巻

e0322201_971656.jpg

e0322201_972792.jpg

e0322201_97415.jpg

シモツケ
(下野・バラ科・シモツケ属)

学名:Spiraea japonica
Spiraea=シモツケ属

原産地:日本〜東アジア

花言葉「努力・自由・気儘」


札幌市中央区西屯田通りにて。


e0322201_975570.jpg

e0322201_9876.jpg

シモツケ属の木には
ユキヤナギ、コデマリがあります。
いずれも、花は集散花序で
よく似ています。


札幌市中央区南4条通りの植樹桝にて
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-16 09:04 | Comments(0)

ナミキソウ の巻

e0322201_8304147.jpg

e0322201_8304364.jpg

e0322201_8304592.jpg

ナミキソウ
( 紫蘇・シソ科・タツナミソウ属)


学名:Scutellaria strigillosa
(タツナミソウ属 ナミキソウ種)

和名:浪来草(ナミキソウ)

原産地:日本〜東アジア〜千島列島

花言葉「命を捧げます・時代錯誤」


商店街の歯科医院の花壇の様々な花の中から
この美しき青い花
「ナミキソウ」を撮りました。

札幌市中央区南6条西屯田通りにて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-15 08:28 | Comments(0)

ポプラ の巻

e0322201_933247.jpg

e0322201_933341.jpg

北海道大学
「恵迪寮」D棟の北側に見える
夏と秋の美しいポプラ並木です。

B棟、C棟には学生ならではの
佳き思い出の壁画が描かれています。
蔦が這っていますが
次のイヴェントにはD棟の時代が来ます。


e0322201_93367.jpg

北海道知事公館庭の西門に
聳えるポプラの樹名板です。

原産地:北米東部

e0322201_933887.jpg

その樹から「ひこばえ」が伸びています。

照葉樹、常緑広葉樹のような
ぴかぴかを生む
クチクラ層(ラテン語=Cuticula
・キューティクル)
が9月の陽光でひかり輝くのです。

ポプラの葉は裏が白っぽく、
風に当たりますと、きらきらとそよぎ音を奏でるような美しい樹木です。


モネ、シスレー等フランス印象派の画家たちの格好の風景画の題材になりました。


e0322201_933966.jpg

札幌の6月はポプラの綿毛の種子がいっぱい市内を飛び交います。

条件が合った場所ではこうして
次世代が生まれています。

南大通りの舗道のポプラの幼木です。
60cmほどに成長しています。

e0322201_934271.jpg

e0322201_934436.jpg

この幼木の生えている場所は花畑でしたが都合上、
自転車置き場に変えられた所です。

一度は丸刈りになった場所ですが、
根がある限りしっかりと命を吹き返して、
ひかり輝いています。

9月14日(日) 11:10
画像の幼木ポプラは刈り取られてしまいました。




【ポプラ】
ヤナギ科
ヤマナラシ属

和名:セイヨウハコヤナギ

葉は互生です。

別名:イタリアポプラ

イタリアから世界へ広がり、
アメリカから日本へ渡って来ました。

1896年明治29年 北海道庁前
1903年明治36年 北海道大学に植えられました。

学名:Populus=
ギリシャ語・イタリア語=ハコヤナギ


併せて

ポプラと森広 の巻

検索してご覧になって下さい。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-14 08:54 | Comments(0)

高円寺 の巻

e0322201_9291533.jpg

曹洞宗「宿鳳山高圓寺」

1555年弘治元年
中野成願寺三世建室宗正により開山されました。

本尊は「観音菩薩像」です。

室町期の作と伝えられる
「阿弥陀如来坐像」も安置されています。


*門の奥のもみじが秋には美しい紅葉を披露する事でしょう。


e0322201_9291679.jpg

現本堂裏の高台が「御殿跡」
と呼ばれるのは、
三代将軍徳川家光が遊猟のおり
当寺に立ち寄り休息した茶室跡に由来するといわれています。
(一段高くなった10坪ほどの台地です)

境内にある茶園の名残も家光公の寄進と伝えられます。


*住職耕岳和尚の望みにより、
家光公が京都宇治より茶の木を取り寄せ植えさせたということです。

*家光公が手づから植えられた
「お手植えの茶の木」が今も境内に見ることができます。
(宿鳳山高円寺ーOCNより)


e0322201_9291896.jpg

小沢村と呼ばれた村名を、
寺名をとって高円寺村と改めさせたのも家光公といわれています。

昭和20年と四度も罹災し、
堂舎と共に古記録類の多くを焼失しました。

現在の本堂は昭和28年に建立したものです。

平成14年6月

杉並区教育委員会

高円寺 門脇の説明板より


e0322201_9291997.jpg

東京都杉並区高円寺山門です。
扉、
屋根の天辺の大棟の冠瓦の先端、
ゆるやかな曲線を持つ
屋根の左右の鬼瓦の上の軒丸瓦には
徳川家の「三つ葉葵」のご紋付きでございます。

他の瓦の先端の軒丸瓦の花模様は八弁の蓮華の花です。

鬼瓦と軒丸瓦の部分の意匠は
後に建築されました
姫路城の
たくさんある門のひとつにも見られます。

画像により、
左側の樹木は「枝垂れ桜」
右側の樹木は「モチノキ」
であろうと思います。


北海道の空と全く変わらない、
9月の美しい東京の青空です。


東京都杉並区高円寺南4丁目18
宿鳳山高円寺
(しゅくほうざん こうえんじ)


画像提供:東京プレシャス
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-13 09:22 | Comments(0)

コンフリー の巻

e0322201_69518.jpg

コンフリー
(ムラサキ科・ヒレハリソウ属)

学名:Symphytum officinale


和名:ヒレハリソウ(鰭玻璃草)

英名:Comfrey

原産地:ヨーロッパ〜西アジア

花言葉「努力」


明治時代に家畜の飼料として、
食用として導入されました。

小学生の頃、葉を「天ぷら」にして食べられるんだよ..と親は言っていました。
しかし、食卓に載ったことはありません。

よく空き地で見られる花です。

画像を撮った場所は今、自転車置き場になりました。

ここの花畑では、かなりの種類の花が雪融けを待ってどんどん咲き続いていましたが、
花畑の植物の90%は刈り込まれてしまいました。

しかし、この類の植物は強いですから、来年も画像は撮れるだろう。

e0322201_69725.jpg

e0322201_691042.jpg

たくさんの通行人の心をさりげなく楽しませていただいた花畑でした。


札幌市中央区南3条通り界隈にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-12 06:06 | Comments(0)