思うままに


by abdulmajid0922

<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

金子一成 《近春》の巻

e0322201_09201478.jpg

《近春》94cm×75cm
金子一成 筆

・晴天の日のお昼前の風景

・南の空から注がれる紫外線が見えるほどの油断できない強い冬の日差し

・雪山の斜面の上といえば、青い空と光リ輝く白い雲

・空の色より青色が濃く伸びた樹木の影
で日差しの強いことがわかります。

大地=白地に青
大空=青地に白の美しい対比で金子先生の楽しみながらお描きになっている様子が伺えます。


観覧者の脳内にはヴィヴァルディ「四季」の中から言わずもがなオープニング「春」が流れております。
e0322201_09201428.jpg

・トドマツやアカエゾマツの常緑樹のような黒い木立の合い間に見える若く明るい緑色

陽光をいっぱいに浴びて雪の大地にそびえる樹木の生命体は、
金子先生の抱えるたくさんの患者たちの生命体に見えるのです。

生命讃歌を描いているように思います。

e0322201_09201451.jpg

北海道ではどこの市町村でも見られるとても親しみのある景色です。
道産子の誰にでも体験したことがあろう雪山遊び


《近春》を見ていますと郷愁と感傷が頭の中でむくむくと台頭してきます。


・画面全体に漂うとても清潔な空気と輝き眩しい陽光とをふんだんに描いています。
(これがこの絵の最大の魅力です。)

e0322201_09201468.jpg

樹木の枝ぶりの筆さばきは観覧者に突き刺さってくるような激しさを感じます。しかし
厳寒を耐えた樹木の生命力の強さを見て取りますと我が身の引き締まる思いがいたします。

e0322201_09201579.jpg

元気が湧いてくる美しい素敵な絵です。

*一幅の絵は一服以上の薬でございます。


病院内の滅多に歩かない所の廊下で見つけた風景画
患者の灰色の脳はこの絵によって
一気にセロトニン色、アドレナリン色になっています。


金子一成先生 ありがとうございます。


設置場所:札幌医科大学附属病院
外来棟1F東側廊下
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-31 09:14 | Comments(0)
e0322201_09225899.jpg

ホウキイヌツゲ(箒犬柘植)
モチノキ科・モチノキ属

学名:Ilex crenata ‘Sky Pencil’

英名:Sky pencil Japanese holly,
Sky pencil holly

e0322201_09225900.jpg

黒い実の大きさは6mmほどです。


東京都中野区若宮にて。

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-30 09:20 | Comments(0)
e0322201_09380198.jpg

森鷗外総長室跡記念碑

森鷗外(文久2年 1862年-大正11年 1922年)

この記念碑は、
東博140周年、森鷗外生誕150年を記念して設置され
2012年 平成24年11月6日に除幕式が執り行われました。

森鷗外は大正6年から11年まで帝室博物館兼図書頭に任命され総長を務められました。


*帝室博物館とは
・東京帝室博物館
・京都帝室博物館
・奈良帝室博物館の三館です。


森鷗外は千駄木2丁目から馬に乗ってこの地まで通いました。

*大正8年 帝国美術院の創設 初代院長に就任。

e0322201_09380256.jpg

東京国立博物館 平成館前の人工池にて
東京都台東区上野公園


おすすめ森鷗外作品.....

・翻訳物 「冬の王」
・小説「うたかたの記」「灰燼」「羽鳥千尋」「心中」「高瀬舟」「花子」「混沌」「ロビンソン・クルーソー」「沈黙の塔」「鼎軒先生」「生田川」「妄想」「桟橋」...



[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-29 09:34 | Comments(0)

エンジュ(槐) の巻

e0322201_09332408.jpg

エンジュ(槐)
マメ科・クララ(苦参/久良良)、エンジュ属

学名:Sophora japonics Linn
英名:Japanese Pagoda Tree、
Chinese Scholar Tree

原産地:中国

別名:槐樹、黄藤、三公の木

e0322201_09332422.jpg

花言葉:上品 、慕情.....

奇数羽状複葉

画像の小葉は対生です。


札幌市内の街路樹でよく見にするハリエンジュ(別名ニセアカシア)の葉と大変よく似ています。

エンジュにはトゲがありません。


薬用植物です。

キューガーデンのWEBページでは、
莢は有毒であるが、葉と花は食用可とあります。


e0322201_09332565.jpg

東京都杉並区高円寺北
商店街の街路樹


[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-28 09:29 | Comments(0)

センペルセコイア の巻

e0322201_09462685.jpg


e0322201_09462679.jpg

センぺルセコイア
スギ科・セコイア属

学名:Sequoia sempervirens Endl

英名:Coast redwood,
California redwood

原産地:United States
(Oregon,California )

和名:イチイモドキ

花言葉:不変


和名の通りイチイの葉によく
似ています。

冬のメタセコイアは落葉しますが、センぺルセコイアはこのように常緑です。

e0322201_09462621.jpg

樹皮のようすです。

世界一の高さに成長する樹木です。


e0322201_09462687.jpg


e0322201_09462795.jpg


ペイル・ライダー Pale Rider
米映画1985年
監督:クリント・イーストウッド
撮影:ブルース・サーティーズ

黒澤明監督の映画「七人の侍」、「用心棒」を思い出す内容の映画です。

カリフォルニア州の国立公園にてのロケかと思うのですが、鉛筆のように細長く天に向かって真っ直ぐに伸びる美しい樹形の遠景でも直ぐに分かりやすい「センペルセコイア」が映画の随所に見られます。


一号館広場にて。
三菱一号館美術館前

東京都千代田区丸の内2丁目
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-27 09:42 | Comments(0)
e0322201_09145615.jpg

ゲッケイジュ(月桂樹)
クスノキ科・ゲッケイジュ属

学名:Laurus nobilis

英名:Bay leaf、Laurel、Bay laurel

原産地:地中海沿岸部


花言葉:栄光、勝利、栄誉

e0322201_09145638.jpg

月桂冠にも使われる
葉の大きさは12cm×3.5cmほどです。

ちぎった葉からはコアントローやオレンジキュラソー風の洋菓子を思わせる甘い、甘い香りがします。

料理用に乾燥させたローリエの葉とは全く別物の美味しい香りがします。


東京都中央区
震災時の一時避難場所 築地川公園にて

e0322201_09145740.jpg

枝にはたくさんの小さな実をつけています。
e0322201_09145774.jpg

平滑な樹皮です。


東京都中野区立 紅葉山公園にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-26 09:10 | Comments(0)

カクレミノ(隠蓑) の巻

e0322201_10262256.jpg


カクレミノ(隠蓑)
ウコギ科・カクレミノ属

学名:Dendropanax trifidus

別名:ミツデ

原産地:日本

花言葉:ずる賢い、耐え忍ぶ....

e0322201_10262253.jpg

3深裂の光沢のある常緑照葉樹です。

e0322201_10262251.jpg

同じ木に深裂していない卵型の葉も見られます。

e0322201_10262295.jpg

樹皮は灰色で滑らかです。

*「隠れ蓑」の語源の木です。


東京都中野区中野2丁目
紅葉山公園にて。

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-25 10:22 | Comments(0)

アオギリ の巻

e0322201_08460054.jpg


アオギリ(青桐、梧桐)

アオイ科・アオギリ属

学名:Firmiana platanifolia

英名:Chinese parasol tree

別名:ソウゴ(蒼梧)、ヘキゴ(碧梧)

原産地:日本〜中国

花言葉:逞しい、秘めた恋....

e0322201_08460145.jpg

名の通りの青い樹皮です。
全ての葉が枯れ落ちました。


東京都杉並区高円寺南にて。
2015年12月25日



*速水御舟《翠苔緑芝》1928年昭和3年
(山種羙術館蔵)

四曲一双屏風絵の右隻には、枇杷の木と並んで青桐が描かれています。


夏目漱石「野分」

梧桐が登場する場面があります。

《八》
........
 垢染みた布団を冷やかに敷いて、五分刈りが七分ほどに延びた頭を薄ぎたない枕の上に横えていた高柳君はふと眼を挙げて庭前の梧桐を見た。

高柳君は述作をして眼がつかれると必ずこの梧桐を見る。

地理学教授法を訳して、くさくさすると必ずこの梧桐を見る。

手紙を書いてさえ行き詰まるときっとこの梧桐を見る。

見るはずである。

三坪ほどの荒庭に見るべきものは一本の梧桐を除いてはほかに何にもない。

 ことにこの間から、気分がわるくて、仕事をする元気がないので、あやしげな机に頬杖を突いては朝な夕なに梧桐を眺めくらして、うつらうつらとしていた。

 一葉落ちてと云う句は古い。悲しき秋は必ず梧桐から手を下す。

ばっさりと垣にかかる袷の頃は、さまでに心を動かす縁ともならぬと油断する翌朝またばさりと落ちる。

うそ寒いからと早く繰る雨戸の外にまたばさりと音がする。

葉はようやく黄ばんで来る。

 青いものがしだいに衰える裏から、浮き上がるのは薄く流した脂の色である。

脂は夜ごとを寒く明けて、濃く変って行く。婆娑たる命は旦夕に逼る。

 風が吹く。どこから来るか知らぬ風がすうと吹く。

黄ばんだ梢は動ぐとも見えぬ先に一葉二葉がはらはら落ちる。

あとはようやく助かる。

 脂は夜ごとの秋の霜にだんだん濃くなる。

脂のなかに黒い筋が立つ。箒で敲けば煎餅を折るような音がする。

黒い筋は左右へ焼けひろがる。

もう危うい。

 風がくる。垣の隙から、椽の下から吹いてくる。

危ういものは落ちる。

しきりに落ちる。

危ういと思う心さえなくなるほど梢を離れる。

明らさまなる月がさすと枝の数が読まれるくらいあらわに骨が出る。

 わずかに残る葉を虫が食う。

渋色の濃いなかにぽつりと穴があく。

隣りにもあく、その隣りにもぽつりぽつりとあく。

一面が穴だらけになる。心細いと枯れた葉が云う。

心細かろうと見ている人が云う。

ところへ風が吹いて来る。

葉はみんな飛んでしまう。

 高柳君がふと眼を挙げた時、梧桐はすべてこれらの径路を通り越して、から坊主になっていた。

窓に近く斜めに張った枝の先にただ一枚の虫食葉がかぶりついている。

「一人坊っちだ」と高柳君は口のなかで云った。 

高柳君は先月あたりから、妙な咳をする。......



高柳周作君と中野輝一君との会話である。

《十二》

「困った男だなあ」としばらく匙を投げて、すいと起って障子をあける。

例の梧桐が坊主の枝を真直に空に向って曝している。

「淋しい庭だなあ。桐が裸で立っている」

「この間まで葉が着いてたんだが、早いものだ。
裸の桐に月がさすのを見た事があるかい。凄い景色だ」
「そうだろう。──.......
(青空文庫)


夏目漱石「彼岸過迄」


ー雨の降る日ー

 《三》
......
 千代子はそこへ坐って、しばらく叔父と話していた。

そのうちに曇った空から淋しい雨が落ち出したと思うと、それが見る見る音を立てて、空坊主になった梧桐をしたたか濡らし始めた。

松本も千代子も申し合せたように、硝子越の雨の色を眺めて、手焙に手を翳した。

「芭蕉があるもんだから余計音がするのね」

「芭蕉はよく持つものだよ。

この間から今日は枯れるか、今日は枯れるかと思って、毎日こうして見ているがなかなか枯れない。

山茶花が散って、青桐が裸になっても、まだ青いんだからなあ」.......

1912年 明治45年1月1日〜4月29日 「朝日新聞」

(青空文庫)


夏目漱石「それから」

《十一の四》
.....椽側から外を窺うと、奇麗な空が、高い色を失ひかけて、隣の梧桐の一際濃く見える上に、薄い月が出てゐた。 そこへ門野が大きな洋燈を持つて這入つて来た。

1909年明治42年 6月27日〜10月4日 東京朝日新聞・ 大阪朝日新聞に連載

(青空文庫)


[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-24 08:43 | Comments(0)

ヤツデ の巻

e0322201_09144300.jpg

ヤツデ
ウコギ科・ヤツデ属

学名:Fatsia japonica

英名:Fatsia、Japanese aralia、Paperplant

別名:テングノハウチワ(天狗の羽団扇)

原産地:日本

e0322201_09144395.jpg

花言葉:分別、親しみ....

e0322201_09144329.jpg


e0322201_09144485.jpg

結実しています。
熟すと黒くなります。


東京都杉並区早稲田通りにて。


[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-23 09:11 | Comments(0)

ヒメユズリハ の巻

e0322201_08575068.jpg


ヒメユズリハ/姫楪・姫譲葉
ユズリハ科・ユズリハ属

学名:Daphniphyllum teijsmannii Zoll

英名:Daphniphyllum、
Redneck Rhododendron,
False daphne


別名:オヤコグサ、ショウガツノキ

原産地:日本〜台湾

e0322201_08575012.jpg


e0322201_08575160.jpg

葉の裏は白っぽい緑色です。


e0322201_08575195.jpg


ヒメユズリハの樹皮です。

e0322201_08575252.jpg


街路樹として植栽されています。



東京都中野区にて。

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-01-22 08:56 | Comments(0)