思うままに


by abdulmajid0922

<   2016年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

e0322201_09573465.jpg

アカバツメクサ(赤葉詰草)
マメ科・シャジクソウ属

学名: Trifolium repens 'William'

英名: Chocolate clover

別名: アカバ(赤葉)クローバー、
チョコレート クローバー

原産地:ヨーロッパ

e0322201_09573478.jpg

クローバーの花言葉:
復讐、約束、私を思って.....

シロツメクサの園芸品種です。

赤紫色の斑入りの三小葉です。


札幌市中央区南25条 「花まる」の花壇にて

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-26 09:53 | Comments(0)
e0322201_10403645.jpg

コメツブツメクサ(米粒詰草)
マメ科・シャジクソウ属


学名: Trifolium dubium

英名: Small Hop-clover,
Suckling clover,
Yellow suckling clover、
Least hops clover

和名: キバナツメクサ(黄花詰草)、
コゴメツメクサ(小米詰草)

原産地: ヨーロッパ〜温暖アフリカ〜アジア
e0322201_10403656.jpg

花言葉: 小さな恋人、お米を食べ食べましょう

花径6〜7mm

1cmにも満たない葉は三つ葉のクローバーのように3出複葉(3小葉)です。

e0322201_10403732.jpg

札幌医科大学附属病院の植込みにて
2016 06/18


[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-18 10:34 | Comments(0)

カジカエデ(梶楓)の巻

e0322201_10412608.jpg

カエデ(梶楓)
ムクロジ(無患子)科・カエデ属

学名: Acer diabolicum

英名: Devil maple、
Horned maple

別名: オニモミジ(鬼紅葉)

原産地: 日本

e0322201_10412700.jpg

一般のカエデと比べるとかなり大きな葉です。

e0322201_10412701.jpg

カジカエデの平滑な樹皮です。

北海道大学植物園にて
2016 05/31

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-16 10:38 | Comments(0)
e0322201_10271688.jpg

セイヨウイチイ/ヨーロッパイチイ
イチイ科・イチイ属

学名: Texus baccata

Texus: 木に含まれる有毒Taxanes Alkaloidsタキサンの名前が由来です。

baccata: ラテン語のbacca(液果)=berry

英名: European yew
Common yew,English yew.

原産地: ヨーロッパ(西部-中央部-南部)
北西アフリカ、南西アジア、イラン北部

e0322201_10271749.jpg

花言葉: 高尚、死、復活..,,,

葉の色はイチイより青味がかっています。

e0322201_10271768.jpg

障壁画のような枝振りです。

植物の生命力の旺盛さに感動します。



イチイの木に含まれる毒物Taxane alkaloids から抗ガン剤治療薬が開発されています。(出典: KEW ROYAL BOTANIC GARDENS)


北海道大学植物園にて
2016 05/31
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-15 10:23 | Comments(0)
e0322201_10054093.jpg

《冬の華》佐々木 幸雄 筆
油彩/カンヴァス 56cm×69cm
札幌医科大学附属病院蔵

厳しい環境下に落葉広葉樹と常緑針葉樹がともに生きています。

光背のような大径木の前に配置したプンゲンストウヒ様の常緑針葉樹は屹立する仏塔のようでもあり何かの象徴のようです。

e0322201_10054113.jpg

満開の醍醐桜如きの感動を呼ぶ《冬の華》です。

手間の尾根の果ての雪山の稜線に呼応する虹の跨線のように計算された《冬の華》の作為が見える配置は美を創作する画家の北叟笑む顔が見えるようです。


山の神、雪の精、森の精、雪女.....
民話や伝説を孕んでいるような不気味さの漂う興味深い作品です。

e0322201_10054188.jpg

《冬の華》左部分

e0322201_10054163.jpg

《冬の華》右部分

曇天の雪の山の尾根の果て、斜面のきつい崖、凍てつく大径木、あまつさえ墨絵のように抑え込んだ色調......至極緊張する劇的な舞台設定です。

さながら画家はこの一枚のタブローに役者を揃えた敏腕プロデューサーです。

e0322201_10054219.jpg

雅号「労 多 産 翁」
ささきゆきお
2006

e0322201_10054232.jpg

プレート

泉鏡花「高野聖」の最後の最後のところです。

二十六
.......
高野聖こうやひじりはこのことについて、あえて別に註ちゅうして教おしえを与あたえはしなかったが、翌朝袂たもとを分って、雪中山越せっちゅうやまごえにかかるのを、名残惜なごりおしく見送ると、ちらちらと雪の降るなかを次第しだいに高く坂道を上のぼる聖の姿、あたかも雲に駕がして行くように見えたのである。
(明治三十三年)
(出典:青空文庫 泉鏡花「高野聖」)


設置: 札幌医科大学附属病院



《冬の華》に夢中になっている間、
病気はどこかへ....
山のお寺のGone、Gone.....。

ありがとうございます。


[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-14 09:59 | Comments(0)
e0322201_10093742.jpg

リシマキア プンクタータ
サクラソウ科・オカトラノオ属

学名: Lysimachia punctata

属名のLisimachiaはトラキアのマケドニア国王Lysimachus リュシマコス(紀元前360-281)の名前。

英名:Loosestrife(オカトラノオ)、
Yellow Loosestrife、
Garden Loosestrife....

原産地: ヨーロッパ(中央部〜南部)〜トルコ

e0322201_10093795.jpg

リシマキアの花言葉: 強気....

花径約25mmです。

e0322201_10093822.jpg

茎も葉もびっしり細かい毛に覆われてビロードを触るようです。

リシマキア プンクタータ:
層になって4枚の披針形の葉は輪生しています。

e0322201_10093857.jpg

リシマキア プンクタータ:
層になって3枚の披針形の葉は輪生しています。


札幌市中央区役所花壇にて
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-13 10:07 | Comments(0)

ハルニレ(春楡) の巻

e0322201_10571438.jpg

ハルニレをスライスした幹の標本

樹齢約170年 (1957年伐採)

宮部金吾記念館にて

ハルニレは北海道大学と北海道大学植物園のシンボルツリーです。

画像:北海道大学植物園


ハルニレ(春楡)
ニレ科・ニレ属

学名 : Ulmus davidiana var. japonica

英名 : Japanese Elm

別名 : ニレ、エルム、アカダモ.

e0322201_10571434.jpg

花言葉 : 信頼

5月の若葉、互生する葉です。

e0322201_10571500.jpg

設計図のようなハルニレの幼木の枝振りです。
e0322201_10571558.jpg

ハルニレの若木の樹皮のようすです。

e0322201_10571522.jpg


e0322201_10571637.jpg

ハルニレの樹皮です。

札幌医科大学附属病院西棟建設現場そばにて

e0322201_10571638.jpg

札幌市内ではハルニレの街路樹をあちこちで見ることができます。

e0322201_19073465.jpg

冬には、さっぽろ雪まつり期間迄の美しいイルミネーションがハルニレの木に飾られます。

札幌市中央区駅前通りにてススキノを望む。

e0322201_10571757.jpg

札幌市中央区南大通りにて
2016 06/09

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-12 10:50 | Comments(0)
e0322201_09143218.jpg

ミズバショウ(水芭蕉)
サトイモ科・ミズバショウ属

学名: Lysichitum camtschatcense
Lysichiton camtschatcensis

英名: White skunk cabbage,
Asian skunk cabbage

原産地: 日本の北部〜極東ロシア(カムチャツカ半島)

e0322201_09143342.jpg

花言葉: 美しい思い出

肉穂花序の花軸が見えます。

e0322201_09143344.jpg


e0322201_09143329.jpg

葉がこれほど大きくなるとは知りませんでした。
不気味で驚きました。

長さは70cmもありそうな葉がたくさん生えています。

北海道大学植物園 湿性園にて
2016 05/31

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-11 09:10 | Comments(0)

キングサリ(金鎖) の巻

e0322201_11090948.jpg

キングサリ(金鎖)
マメ科・キングサリ属

学名: Laburnum anagyroides

英名:Common Laburnum(キバナフジ)、
Golden chain

原産地:ヨーロッパ中部〜南部

別名: キバナフジ(黄花藤)

e0322201_11091078.jpg

花言葉: 相思相愛、淋しい美しさ...

花径15mmが集合する
総状花序の大きさは約5cm×15cmです。

e0322201_11091065.jpg



見た目も感触もミツバのクローバーに似た葉の大きさは3cm×5cmです。

シトシンという効果が非常にニコチンに似た成分が含まれている毒性のある植物です。

e0322201_11091180.jpg

キングサリの黄色味を帯びた樹皮のようす


樹皮、幹、葉、花すべてが有毒です。
(出典:The Poison Garden website )

e0322201_10082747.jpg

花の後のキングサリの莢です。
2016 06/23

e0322201_14171397.jpg

弾けた莢の中には黒い豆が見えています。
2016年11/13


札幌市資料館裏「カッコウの森」にて

e0322201_09115807.jpg

ルイ・コムフォート・ティファニー
Louis Comfort Tiffany(1848-1933)

「ランプ・きばなふじ」
"Laburnum"
1900-10年頃 ガラス、銅 /56.0×79.0cm
北海道立近代美術館蔵

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-10 11:05 | Comments(0)
e0322201_15032587.jpg

アーノルド サンザシ
バラ科・サンザシ属

学名: Crataegus arnoldiana

英名: Arnold hawthorn

原産地:北米北東部(マサチューセッツ州〜コネチカット州)

マサチューセッツ州のウエスト・メドフォード、アーノルド樹木園 、コネチカット州の雑木林の中に自生していたのが発見されたのです。
(出典: 'Homestead' Arnold Hawthorn release brochure -NRCS)

e0322201_15032684.jpg

サンザシの花言葉: 希望、慎重.....

集散花序の白い5弁の花径は約2cmです。

秋になる赤い実は食用可能です。
生でも料理でもジャムにドライフルーツに....

果実、花は高血圧、心臓強壮剤に役立っています。
(出典: Top Rated Trees For Edibility-Plants For The Future)

e0322201_15032641.jpg

アーノルド サンザシの葉の形

札幌農学校植物園初代園長(1899年 明治32年に就任)宮部金吾は植物園の開園の年、マサチューセッツ州ボストンのハーバード大学へ留学(1886 明治19年-1889 明治22年)し1872年に開園した大学附属のアーノルド樹木園で学んだ経験があります。

e0322201_15032685.jpg

アーノルド サンザシの全景です。

樹高は3m以下です。


北海道大学植物園にて
2016年05/31

[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-06-09 14:58 | Comments(0)