思うままに


by abdulmajid0922
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


e0322201_11095698.jpg


センリョウ(仙蓼・千両)
センリョウ科・センリョウ属


学名:Sarcandra glabra

英名:Sarcandra、Senryou

別名:クササンゴ(草珊瑚)

原産地:日本〜中国〜インド〜マレーシア

e0322201_11095651.jpg


花言葉:裕福、恵まれた才能....

*センリョウの実は葉の上につけています。(マンリョウの実は葉の下につけています。)

e0322201_11095723.jpg


キミノセンリョウ(黄実の千両)


東京都杉並区にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-12-31 11:06 | Comments(0)

タマサンゴ(玉珊瑚) の巻

e0322201_11381807.jpg


タマサンゴ(玉珊瑚)・フユサンゴ(冬珊瑚)
ナス科・ナス属

学名:Solanum pseudocapsicum

英名:Winter cherry,
Christmas cherry,
Jerusalem cherry

別名:竜の玉、冬珊瑚

原産地:メキシコ〜カリブ海諸島〜中南アメリカ


e0322201_11381843.jpg


花言葉:神秘的....

チェリートマトのようですが食用ではないのです。

e0322201_11381908.jpg

東京都中野区早稲田通りの植樹桝にて。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-12-29 11:34 | Comments(0)

アベリア の巻

e0322201_10570231.jpg


アベリア
スイカズラ科・ツクバネウツギ(衝羽根空木)属

学名:Abelia×Grandiflora

英名:Glossy Abelia(光沢のあるアベリア)

和名:ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)


アベリアとは
中国で植物を採集した英国人医師、博物学者クラーク・エーベル(Clarke Abel / 1789~1826)の名前が語源です。


*中国原産のキネンシス種(Abelia chinensis)と中国西部原産ウニフローラ種(Abelia uniflora)との交配種

e0322201_10570246.jpg


花言葉:強運、気品、謙虚....


2cmほどの釣鐘状の花が咲いています。

蜜源植物です。

e0322201_10570385.jpg


Glossy(光沢のある)で縁には鋸歯のある対生の美しい葉です。



東京都中野区立早稲田通り公園にて。


e0322201_10570398.jpg


花が咲き終わった後には萼が残っています。




[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-12-27 10:52 | Comments(0)
e0322201_10462632.jpg

文京ミューズネット マップ
2015-2016


夏目漱石は「夏目漱石旧居跡」(猫の家)にて「野分」を書き上げたのち、1907年明治40年に早稲田南町7番地へ引き越しました。

地図を見てお分かりのように夏目漱石と森鷗外は明治38年から40年に亘りこんな近くで暮らしていた時期があったのです。

お互いの家は藪下通りを歩くと5分ほどで着く距離です。

「文京区立 森鷗外記念館」とは「観潮樓跡」です。



夏目漱石
「吾輩は猫である」
俳句雑誌「ホトトギス」
1905年 明治38年 1月~
1906年 明治39年 8月 全11回連載

《一》

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
......
(青空文庫)


夏目漱石
「野分」
ホトトギス 1907年明治40年1月

《一》

白井道也は文学者である。

八年前大学を卒業してから田舎の中学を二三箇所流して歩いた末、去年の春飄然と東京へ戻って来た。
......
(青空文庫)

e0322201_10462743.jpg


森鷗外
「ヰタ・セクスアリス」
スバル 7号 1909年明治42年


金井湛君は哲学が職業である。 

哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。

金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。
.......

そのうちに夏目金之助君が小説を書き出した。

金井君は非常な興味を以て読んだ。
そして技癢を感じた。

そうすると夏目君の「我輩は猫である」に対して、「我輩も猫である」というようなものが出る。

「我輩は犬である」というようなものが出る。

金井君はそれを見て、ついつい嫌になってなんにも書かずにしまった。

そのうち自然主義ということが始まった。
.......
(青空文庫)


森鷗外
「あそび」
三田文学 1910年明治43年8月


木村は官吏である。 

ある日いつもの通りに、午前六時に目を醒ました。

夏の初めである。
......

木村は文学者である。 

役所では人の手間取のような、精神のないような、附けたりのような為事をしていて、もう頭が禿げ掛かっても、まだ一向幅が利かないのだが、文学者としては多少人に知られている。

ろくな物も書いていないのに、人に知られている。
...,,,.
(青空文庫)



「ヰタ セクスアリス」、「あそび」の第一行の簡潔さに森鷗外の特徴とした作風を見た気がしておりましたが、「野分」を初めて読み、この第一行には驚きました。森鷗外は夏目漱石をお手本にしておられたということがわかりました。......

「吾輩は猫である」

「白井道也は文学者である。」

「金井湛君は哲学が職業である。」

「木村は官吏である。」

「木村は文学者である。」.....



夏目漱石と森鷗外とは永久である。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-12-08 10:41 | Comments(0)

セセッション様式 の巻

The Vienna Secession=ウィーン分離派といえば劈頭第一、グスタフ・クリムトを連想します。

ウィーンには1898年竣工のジョゼフ・マリア・オルブリッヒ設計による「セセッション館」という旧体制に新しい潮流を創作する若い芸術家たちの牙城だった建物があります。

そのセセッション様式で建てられた

北海道庁立図書館:1926年大正15年竣工

設計:萩原惇正らによる道庁建築課

e0322201_11530193.jpg

南側の壁面です。

4本のジャイアント オーダーの装飾が一際目を惹きます。

直線美の際立つ意匠が特徴。

時間の経過による光と影の移ろいを見ることができるのです。

e0322201_11530267.jpg

正面玄関

e0322201_11530316.jpg

正面玄関内部の玄関ホール

開口部横に設置された球体のオブジェは
セセッション館の屋上に設置されています月桂樹をモチーフにした金色の球体へのオマージュと思われます。

e0322201_11530402.jpg

2階への大理石階段に施された幾何学意匠

e0322201_11530479.jpg

西側の壁面です。

直線美が際立ちます。

e0322201_11530550.jpg

西側開口部の庇を支える金具(持ち送り)にセセッション様式の特徴があります。

セセッションは建築、美術のみならず萩原朔太郎、芥川龍之介等日本の文学界の中でも支持されたのです。

夏目漱石「行人」
1912年 大正元年12月6日〜1913年11月5日「朝日新聞」連載小説


塵労

《十一》
 彼女の室は自慢するほど綺麗にはなっていなかったけれども、自分の住み荒した昔に比べると、どこかになまめいた匂いが漂よっていた。

自分は机の前に敷いてある派出な模様の座蒲団の上に胡坐をかいて、「なるほど」と云いながらそこいらを見廻した。 

机の上には和製のマジョリカ皿があった。

薔薇の造り花がセゼッション式の一輪瓶に挿してあった。

白い大きな百合を刺繍にした壁飾りが横手にかけてあった。

「ハイカラじゃないか」

「ハイカラよ」 
お重の澄ました顔には得意の色が見えた。 
(青空文庫)

e0322201_11530696.jpg


1926年北海道庁立図書館から始まり

北海道立美術館、

北海道立三岸好太郎美術館、

北海道立文書館別館 へと役目が変わり

2016年北菓楼札幌本館になりました。


[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-12-03 11:43 | Comments(0)

モネ と 辻永 の巻

長く厳しい冬、束の間、見事に晴れた穏やかな日の訪れ、この嬉しさを絵にして置きたいと思う画家の気持ちは道産子にとてもよく感じとることができます。

2点のどちらの絵にも描かれているのは、温もりさえも感じる陽射しが溢れる雪景色。

厳しい冬を毎年体験している道産子にはこの土地で暮らす人々の物語を想像し、共感することがいともたやすくできる素敵な絵です。

e0322201_10283176.jpg

(wikipedia)

クロード・モネ(1840-1926)
《かささぎ》La Pie 1869年(明治2年)
89×130cm 油彩/カンヴァス
オルセー美術館蔵


モネ29歳のときの作品
1868年イギリス海峡に面したノルマンディー地方の港町エトルタ(北緯49°)滞在期間中の作品。

クロード・モネ《かささぎ》
絵の下部に黒く点々と描かれた人の足跡と門の影が門の上に止まっているかささぎへと自然に視線が流れるように描いています。

e0322201_18013232.jpg


e0322201_18013213.jpg

《かささぎ》を拡大した画像

e0322201_18035601.jpg


オルセー美術館至宝のリマスターアート展 大丸札幌店〜5/8 2017


画布の上下中間部のX軸に広がる生垣を
境に「天」と「地」を描いています。

e0322201_10283234.jpg

2014/4/2 新聞記事より

辻 永(つじ ひさし 1884-1974)
《ハルピンの冬》1917年(大正6年)
33×45cm 油彩/カンヴァス
石橋財団石橋美術館蔵

辻 永33歳のときの作品

ハルピンと聞くと近代日本史が思い起こされ穏やかな記録が頭に浮かばないのですが、
1909年明治42年 この年に夏目漱石も訪れていたハルピン市は北海道・稚内市と同じ北緯45° です。


辻 永《ハルピンの冬》に描かれた
道路には雪が無いので春の訪れの近いことが想像できます。

「青」い空と「春」近しとで
若さあふれる躍動感が湧き出て素晴らしく明るい絵なのです。

画布の上下中間部のX軸に広がる板塀を
境に「天」と「地」を描いています。



[PR]
by abdulmajid0922 | 2016-12-02 10:22 | Comments(0)