思うままに


by abdulmajid0922
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:Good' olboy's story ( 1 ) タグの人気記事

秋の実 6点の巻

e0322201_11342049.jpg

e0322201_11341383.jpg

e0322201_11341521.jpg

e0322201_11341722.jpg

e0322201_11341956.jpg

e0322201_11342049.jpg

e0322201_11342232.jpg

⑴ 大通公園5丁目に白いハナミズキ(花水木)に似た花を咲かせるヤマボウシ(山法師)。今は紅い実を付け、つまみとって口へ入れる方が居ました。
⑵南2条西12丁目、街路樹の土場に植えられたヤマゴボウ(山牛蒡)。生け花には引き立て役に必要な最高の枝振りです。
⑶ツリバナマユミ(吊り花真弓)ニシキギ科。北海道知事公館庭で見つけました。雨上がり直後です。実が割れ種が長く伸びる形は可憐です。
⑷千両梨、バラ科。明治中期、中国からの種子を植えて、やがて木に実がなった。その梨、発祥の地が北海道余市町です。実が豊富に収穫出来る事から、この名が付けられました。
⑸イチイ(一位)。アイヌ語でオンコ。聖徳太子の手にしている笏がこの木で作られていたのです。秋がさらに深まると夥しい程の実を付けます。甘いです。
⑹知事公館庭で只一本のりんご(林檎)。バラ科の木です。いずれ紅くなります。種類を書いた説明札はありませんでした。諺(ことわざ)に「一日一個のりんごは医者を遠ざける」と有ります。身体に大変良いという事です。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2013-09-14 10:35 | Comments(0)