カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ポプラ の巻

e0322201_933247.jpg

e0322201_933341.jpg

北海道大学
「恵迪寮」D棟の北側に見える
夏と秋の美しいポプラ並木です。

B棟、C棟には学生ならではの
佳き思い出の壁画が描かれています。
蔦が這っていますが
次のイヴェントにはD棟の時代が来ます。


e0322201_93367.jpg

北海道知事公館庭の西門に
聳えるポプラの樹名板です。

原産地:北米東部

e0322201_933887.jpg

その樹から「ひこばえ」が伸びています。

照葉樹、常緑広葉樹のような
ぴかぴかを生む
クチクラ層(ラテン語=Cuticula
・キューティクル)
が9月の陽光でひかり輝くのです。

ポプラの葉は裏が白っぽく、
風に当たりますと、きらきらとそよぎ音を奏でるような美しい樹木です。


モネ、シスレー等フランス印象派の画家たちの格好の風景画の題材になりました。


e0322201_933966.jpg

札幌の6月はポプラの綿毛の種子がいっぱい市内を飛び交います。

条件が合った場所ではこうして
次世代が生まれています。

南大通りの舗道のポプラの幼木です。
60cmほどに成長しています。

e0322201_934271.jpg

e0322201_934436.jpg

この幼木の生えている場所は花畑でしたが都合上、
自転車置き場に変えられた所です。

一度は丸刈りになった場所ですが、
根がある限りしっかりと命を吹き返して、
ひかり輝いています。

9月14日(日) 11:10
画像の幼木ポプラは刈り取られてしまいました。




【ポプラ】
ヤナギ科
ヤマナラシ属

和名:セイヨウハコヤナギ

葉は互生です。

別名:イタリアポプラ

イタリアから世界へ広がり、
アメリカから日本へ渡って来ました。

1896年明治29年 北海道庁前
1903年明治36年 北海道大学に植えられました。

学名:Populus=
ギリシャ語・イタリア語=ハコヤナギ


併せて

ポプラと森広 の巻

検索してご覧になって下さい。
[PR]
by abdulmajid0922 | 2014-09-14 08:54 | Comments(0)