人気ブログランキング |

2014年 01月 28日 ( 1 )

花の東京 の巻

e0322201_5261996.jpg

e0322201_5262141.jpg

e0322201_5262357.jpg

e0322201_5262450.jpg

e0322201_5262565.jpg

e0322201_5262793.jpg

1・ヤツデ(八手・ウコギ科)。
ウコギ科の植物には、タラの木、朝鮮人参、ウド、はりぎり等、食用が多いです。「直江兼続」が米沢でウコギの栽培を奨励されました。
原産地 ・日本。花言葉「堅い絆」。
円錐形の花序(花が集まった部分)が特徴です。ヤツデサポニンが生薬になります。
杉並区住宅街にて。

2・椿(ツバキ科)。
原産地・日本。
葉はクチクラ層(キューティクル)の表面に染み出したワックスが出来、艶やかです。資生堂「椿」の世界です。椿油が有名。花言葉「完全な愛・気取らない美しさ---。」
平成11年(1999年)に復元されました、靖國神社・神池庭園にて。

3・ツワブキ(石蕗・キク科)
原産地・日本・台湾。
花言葉「謙遜・愛よ蘇れ・先を見通す能力」。葉はクチクラで艶やかです。
葉が開く前の茎(葉柄)はフキの様に食用可能です。

4・5・南天(メギ科・目木=枝葉の煎汁を眼病の治療に用いる)。「難を転じて福となす」縁起物です。
原産地・日本・台湾・中国。
花言葉「私の愛は増すばかり・機知に富む」。実は咳止め、葉は健胃・解熱作用。ヨーロッパ産は食用・果実酒・菓子の飾りに用いる。

6・サザンカ(山茶花・ツバキ科).
原産地・西日本西部。
花言葉「謙遜・ひたむきさ・愛嬌---。」
椿との区別が難しい花です。雄しべと開き切って咲く花弁で判断しました。食用油や身体への薬用効果が沢山有ります、神経痛・冷え性・あかぎれ・ニキビ等----。」
3・4・5画像: 靖国通り、九段下にて。

*駅に向かう坂道で否が応でも、爆風スランプ・「大きな玉ねぎの下で~」の旋律が浮かび、小声で歌いながら、桜咲く頃を想像して「千鳥ヶ淵緑道」を散策しました。正月2日。
植物の名は北海道大学植物園温室の担当者のご協力を頂きました。有難うございました。
by abdulmajid0922 | 2014-01-28 03:48 | Comments(0)