人気ブログランキング |

2014年 06月 20日 ( 2 )

ボタンの花 の巻

e0322201_1431687.jpg

e0322201_1431835.jpg

ボタン(牡丹・ボタン科・ボタン属)
別名:「花神」「花王」

昭和30年(1955年)頃、
シャクヤクの苗にボタンの芽を継ぐ
技術が開発されました。

薬用植物です。

原産地:中国西北部

花言葉「王者の風格」

e0322201_1432069.jpg

e0322201_1432292.jpg

春の彼岸の牡丹(ボタン)の咲く頃に
「ぼた餅」
秋の彼岸の萩(ハギ)の咲く頃に
「おはぎ」と言います。
天然・自然を暮らしに取り込む
日本の伝統文化です。


e0322201_1432484.jpg

e0322201_1432782.jpg

1970年11月25日
三島由紀夫と4人の大学生は
市ヶ谷駐屯地へ向かいました。
決行予定時間より早く着いてしまうのでちょっと余計にドライブして時間を潰しました。車中では全員で
高倉健が唄った「唐獅子牡丹」を歌いました。
「獅子」=ライオン=百獣の王
「牡丹」=百花の王

彼らの気分高揚の意味、刺青に取り入れる意味が分かりました。
みんな「王」になっていたのである。
♪「いつでも夢を」見るがいい。


e0322201_1432968.jpg

e0322201_1433183.jpg

ゴッホはボタンの絵を描きました。
*「ワスレナグサとボタンのある花瓶」1886年パリにて。
ボイマンス・ヴァン・ベーニング美術館所蔵(ロッテルダム)

*「ボタンのある花瓶」1886年パリにて。
個人所蔵

*「ボタンとバラのある器」
1886年パリにて。
クレラー・ミュラー美術館所蔵
(オランダ)

アンゼルム・フォイエルバッハ
(1829年〜1880年
は「牡丹の花」1871年 を描きました。
日本画のような作品です。
ノイエ・ピナコテーク美術館所蔵
(ミュンヘン)

e0322201_1433254.jpg

e0322201_1433522.jpg

午後の陽射しを受けて
サテンのような輝きを見せる
花びらです。真っ赤。
二度目のウェディングドレスのようです。


札幌市中央区南6条の閑静な住宅地にて。
by abdulmajid0922 | 2014-06-20 13:55 | Comments(0)

ポプラと森広 の巻

e0322201_9352710.jpg

e0322201_9352912.jpg

アメリカヤマナラシ(山鳴らし)

ポプラ(ヤナギ科・ハコヤナギ属)
和名:セイヨウハコヤナギ(西洋箱柳)

原産地:不明、ヨーロッパ・クリミア・ヒマラヤとも

花言葉「勇気・度胸・哀歌...」

細長い幼虫のような
花序はネコ柳の花序とよく似ています。

花が終わりますと風に乗り綿毛の付いた種子を飛ばします。

画像:ポプラの綿毛です。


e0322201_9353061.jpg

e0322201_9353239.jpg

e0322201_9353376.jpg

e0322201_9353469.jpg

6月6日から14日間連続の鬱陶しい梅雨のような天気が続きます。
1956年と並ぶ記録です。とテレビでしきりに報じています。
それでも、
札幌市内には毎年のように、
北海道神宮例大祭が終わりますと
打ち合わせをしたように、
ポプラの綿毛が空中を舞います。
ちょうど人間に迷惑な高さで飛んでいます。

胴ぶき(幹ぶき)のポプラの若葉
ポプラの天と地 夫婦のようです。

画像:北海道知事公館西門内の左右です。

e0322201_9353557.jpg

e0322201_9353627.jpg

北海道大学 ポプラ並木の樹は
有島武郎と同期生の
森広
(明治34年 札幌農学校卒業・第19期生)が
アメリカ留学を終えて帰国の際にポプラの苗木を持ち帰りました。
1903年 明治36年に植えたものが始まりです。

[明治33年 には
新渡戸稲造(札幌農学校 第2期生)「武士道」をアメリカで出版しています。]


森広の父:
明治14年 第2代 札幌農学校の校長
森源三(旧越後長岡藩士・佐幕派)

明治25年頃に桑園は分譲されます。
後に現北海道知事公館の敷地を購入し、私邸を建設しました。
森源三氏、自ら養蚕業を営みます。

その息子である
森広は有島武郎作品
1919年 大正8年
小説「或る女」の登場人物、
木村貞一のモデルです。
映画では森雅之も出演しています。
木村役は船越英二です。

札幌独立キリスト教会
(内村鑑三(札幌農学校 第2期生)らにより創設。
現在地:札幌市中央区大通西22丁目)
森広は教会の
日曜学校長を務め、その後
アメリカへ留学しました。そして
ポプラの苗木を持って帰国されたのです。

画像:札幌市資料館内
遠友夜学校記念室より。
後列右側が森広です。
写真中央の仲良し2名は、
白皙の美男子・有島武郎と生涯の友・森本厚吉です。
by abdulmajid0922 | 2014-06-20 09:26 | Comments(0)