人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

沖縄料理の店 の巻

e0322201_11192659.jpg

e0322201_11192895.jpg

那覇市内の飲食店の卓です。
刺身盛り合わせは、マグロにウニも見られます。
料理だけを見ますと北海道にいる様な気分になるメニューです。
酒は泡盛。
グラスは美ら海を泳ぐサカナ色です。沖縄らしさを見い出しました。

石垣島、唯一のファミリー・レストラン「和風亭」で
マグロの握り寿司を頂いた、経験を思い出しました。

那覇からLINEで届いた画像を分析しました。

沖縄の気温、21℃

e0322201_11192921.jpg

札幌市内の飲食店の卓です。
美しいびんがた(紅型)を貼ったメニュー・ブック。
もずく酢にゴーヤーのスライス、さんぴん茶。
数々の琉球泡盛のディスプレイ。
沖縄らしさを感じてもらおうと、オーナーは頭をひねりまする。

札幌の気温、氷点下3℃
by abdulmajid0922 | 2014-02-17 11:13 | Comments(0)

つらら の巻

e0322201_9595290.jpg

e0322201_9595422.jpg

e0322201_9595542.jpg

e0322201_9595631.jpg

e0322201_9595724.jpg

今では、珍しくなりました。
雪国の風物詩、つらら(氷柱)です。
木造建築、木造モルタル建築の家等に多く見られます。
昔はあちこちの家に見られたものです。

危険をともなう、屋根の雪下ろし作業中です。
毎年、「屋根から落ちて死んだ」と地元のニュースでは報道されます。

札幌市中央区狸小路10丁目の飲食店街の店舗の屋根の風景です。


e0322201_9595977.jpg

木造建築です。
気象条件の具合で屋根の雪が落ちずに、耐えています。
氷柱は斜めに伸びる場合もあります。

e0322201_9595974.jpg

垂れ下がっている氷柱とは別棟ですが、下には鍾乳洞の石筍のように氷筍が盛り上がっています。

e0322201_100057.jpg

気温氷点下2℃で、氷柱は融けてぽたぽたと垂れています。
長さは1,5mくらいです。

札幌市中央区南1条と大通りにて
by abdulmajid0922 | 2014-02-16 09:43 | Comments(0)

聖地 の巻

e0322201_10431163.jpg

e0322201_10431484.jpg

浄土真宗本願寺派
西本願寺札幌別院
札幌市中央区北3条西19丁目

宗祖 親鸞聖人像

e0322201_10431780.jpg

e0322201_10431987.jpg

美しいヨーロッパ・トウヒ(ドイツ唐檜)とプンゲンス・トウヒが
シンボル・ツリーのように植えられています。
バッハの曲が正にふさわしいです。
日本キリスト教会
札幌北一条教会
札幌市中央区北1条西13丁目

e0322201_10432221.jpg

e0322201_10432573.jpg

三吉神社
札幌市中央区南1条西8丁目

三吉神社横に建立されています
「出世稲荷社」微笑ましい神社名です。
秀吉は幼い頃から稲荷信仰が有りました...。
ブラウザで歴史を調べられます。

e0322201_10432767.jpg

e0322201_10432943.jpg

真宗大谷派札幌別院
東本願寺 札幌別院
宗祖 親鸞聖人

本堂と山門です。

e0322201_10433124.jpg

e0322201_10433565.jpg

夏には、バラを廻らした垣根や庭が、
とても素敵です。
夢を見るような外観を演出しています。
見事に蔦が建物を伝っています。夏が楽しみです。
聖バレンタイン教会です。
札幌市中央区南9条西4丁目

画像のどちらをも訪れますと、心が鎮まります。
聖地の見えない力が、あるのか。
意識下に死者への畏敬の念が生じるのか。
善人(利他)で有らねばならぬという気が強く生じます。

ラジオ深夜便で
孔子、釈迦、ソクラテス、キリストの四人を人類の先生として、
東京大学の教授が語りました。
四人の主張には同じ様な部分が随分有るのです。
古くからの日本の伝統の中を生きて来た、札幌農学校生たちがクラーク先生の勧めるキリスト教を受け入れたのは、そこに共通点が有ったからです。

森鷗外「かのように」
中央公論 1912年(大正元年)1月発表 より

......孔子もずっと古く祭るに在(いま)すが如くすと云っている。
先祖の霊がある
かのように祭るのだ。.....

.....そうして見ると、人間の智識、学問はさて置き、宗教でも何でも、
その根本を調べて見ると、事実として証拠立てられない或る物を建立している。即ち
かのようにが土台に横(よこた)わっているのだね。.....

未読の方は鋭い、学者の書く小説を是非、お楽しみください
by abdulmajid0922 | 2014-02-15 10:31 | Comments(0)
e0322201_9221745.jpg

e0322201_9221867.jpg

左手前の方は、特製バケツで作り上げたランプシェードに、ロウソクを入れる穴を開けています。


e0322201_9222051.jpg

沢山の雪玉を組み立てた、
ランプシェードを作ります。


e0322201_9222159.jpg

氷のブロックを積み上げています。


e0322201_9222249.jpg

積み上げられたブロックの夜の容姿です。完成です。宵闇のほのかな灯りは渡辺淳一の世界へと誘われまする。


e0322201_9222229.jpg

「祈 全力 全快」嬉しいお言葉です。有難うございます。


e0322201_9222313.jpg

e0322201_9222592.jpg

雪玉シェードにキャンドルが灯りました。


e0322201_9222675.jpg

ふた夜のキラッと輝く、儚くも美しいひとときです。


e0322201_9222745.jpg

e0322201_9222980.jpg

「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ」ると、どうでしょう、朝日が眩しく、爽やかな現実です。
「さあさあ、今日も元気で行こう!」

*スノー・フェスティバル実行委員会の皆様、関係者の皆様、
心温まるひとときを提供して下さり、本当に有難うございました。
会場の遊歩道は四季折々、大変癒される空間です。有難うございます。
第10回もBlog Up出来るよう、薬物コンプライアンスをしっかり守り、頑張ります。

場所:札幌医科大学棟と附属病院棟との間の美しい遊歩道にて。
by abdulmajid0922 | 2014-02-14 08:56 | Comments(0)
e0322201_6495752.jpg

大通公園の西12丁目のようすです。
まつりが終了しますと、雪像は、即解体されます。

e0322201_6495866.jpg

11丁目の雪像、この時点では、健在です。

e0322201_6495941.jpg

8丁目の大雪像
世界遺産 タージ・マハルがあるインドのアグラ市の「イティマド ウッダウラ廟」です。
プロジェクション・マッピングで楽しませて頂きました。
関係者の方々、大変、有難うございました。

e0322201_650138.jpg

7丁目の大雪像
クアラルンプール市の「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」
大変、美しい雪像でした。

e0322201_65022.jpg

8丁目の雪像です。
撮影する観光客の為に美しい箇所を後にして作業を続けています。
手前の枯れた様な樹は6月に美しい紫色を誇らしげに彩る、ライラックです。
四季をさやかに見せます、札幌大通公園です。

雪像による事故防止の為、期日が終了した翌日、即
解体作業に移ります。

ピカソの言葉「私にとって絵とは破壊の蓄積である。」
世界の皆様、来年をお楽しみに………。
by abdulmajid0922 | 2014-02-13 06:36 | Comments(0)

風雪 の巻

e0322201_926190.jpg

北国の生活を知らない人びとにはきっと、愉快な光景でしょう。


e0322201_926322.jpg

積もり、溶け、凍り、積もり、溶け、凍りでミルフィーユになります。

e0322201_926429.jpg

寄贈:1986年 札幌医科大学同窓会
伊藤隆道氏 制作の「よろこび・愛」の記念碑です。
右側のプレートには
「......この地より人類の健康と世界の安寧を祈る」と記されています。

e0322201_926630.jpg

四阿(あずまや)の屋根からの落雪が積もった雪と合流しています。

e0322201_926868.jpg

雪に覆われているのは、彫刻家
安田 侃(やすだ かん)さんの作品
「天秘 」です。大理石は水に弱いので、冬期間はラップしています。

画像場所:すべて札幌市中央区です。
by abdulmajid0922 | 2014-02-12 09:19 | Comments(0)
e0322201_11411980.jpg

e0322201_11412113.jpg

1月の厳しい寒さで、名もなき池には薄氷が張っていました。

e0322201_11412244.jpg

熱帯睡蓮の特徴のある花の色です。

e0322201_11412376.jpg

温室内の「お休み処」。
テーブルに置かれた豪華なカトレア “Love Castle" は身も心も温めてくれます。

森鷗外「田楽豆腐」大正元年発表
泉 鏡花「外科室」明治28年
北原白秋「植物園小品」大正2年等は
東京大学の小石川植物園に触れている文学です。


芥川龍之介新辞典より
「1927年(昭和2年) 5月18日~20日
北海道大学で講演を行う」。とあります。


改造社の「現代日本文学全集」の宣伝の為の講演旅行でした。
函館 5月16日17日、札幌 5月18日19日、旭川 5月19日、小樽5月20日(伊藤整、小林多喜二が聴講しました。)

芥川と里見 弴(とん 有島武郎の弟)は北大植物園を訪れました。
芥川は「東北、北海道、新潟」に
「あの植物園全体へどろりとマヨネーズをかけてしまへ」と食べてしまいたいほど新鮮な植物園の新緑に感動した事を書いてます。
(提供者:相模原市立橋本図書館)

花や樹木は暮らしに、彩り、癒し、励ましを与えてくれます。

北大、植物園の温室を訪れてみますと、
中島公園、大通公園、円山公園、創成川公園を利用する様に、植物園と云う処をもっと普段の暮らしに取り込みたいと感じました。
夏場を想像すると、わくわくします。
植物園は札幌市民の誇りの一つです。

温室に付いて
冬期開園11/4~4/28迄です。
入園時間 月曜日~金曜日
10:00~15:30
土曜日 10:00~12:00
入園料金 110円(小学生以上)

*夏期(4/29~11/3)は園内の建築物の耐震補強工事があります。

北海道大学植物園
札幌市中央区北3条西8丁目。
by abdulmajid0922 | 2014-02-11 11:33 | Comments(0)
e0322201_105351.jpg

オルガン ウィンター・コンサートへ行って来ました。
1997年に開館しました、
大ホール(2008席) 正面のパイプオルガンです。鉛(なまり)と錫(すず)の合金製です。
北海道の針葉樹林をデザインしています。


e0322201_105439.jpg

e0322201_105688.jpg

2013年9月に16代目専属オルガニストとして就任されたオクタヴィアン・ソニエ氏の演奏会 プログラムです。

聴き終えて氏の選曲の素晴らしさが、分かりました。
半分は初耳の作曲家の作品です。
壮大な作品。
耳に優しく癒される曲。
装置を駆使し、豊富な音色を披露された氏の力量は、聴く者の耳目を引かずには、おかないオクタヴィアン・ソニエ氏でした。

右脳の自然な働きにまかせ、知識も理性もそっちのけにして、ひたすら、音の世界に没入した。
すると、
泥の中のような日常に、美しい花弁をひらく蓮を見るような
浄らかな園が展開した。
自宅でCDを聴くのとは訳が違う、会場へ出掛けて、「生演奏」=「音楽」を聴く醍醐味である。

雪降る街、札幌に、パイプオルガンの荘厳な響きは、とてもよく似合います。
思えば、本日の音楽も、演奏者も、パイプオルガンも雪降る街で生まれたものでした。

知らない作曲家の作品をご披露して下さいました。
オクタヴィアン・ソニエに感謝します。有難うございました。

サントリー・ホール オルガンプロムナード コンサート
5/15 12:15~12:45
入場無料 が用意されております。
by abdulmajid0922 | 2014-02-10 09:45 | Comments(0)
e0322201_12465058.jpg

札幌市中央区大通西2丁目。
北海道新聞氷の広場です。新競馬場の告知板。

e0322201_12465129.jpg

幅10m、高さ4mの雪像に三頭の馬が彫刻されています。
プロジェクション・マッピングのスクリーンです。

e0322201_12465255.jpg

明治時代、エドウィン・ダン先生の指導のもとに、札幌の競馬場、新冠町・日高地方は馬の町に進歩して来ました。

e0322201_12465364.jpg

プロジェクション・マッピングが始まりました。プロジェクション・マッピング/第65回さっぽろ雪まつり YouTubeをご覧下さい。
by abdulmajid0922 | 2014-02-09 12:25 | Comments(0)

栗谷川健一展 の巻

e0322201_9564356.jpg

1・北海道をデザインした男
グラフィック・デザイナー 栗谷川健一氏。

1911年(明治44年)生まれ~1999年(平成11年)逝去。享年88歳。

1932年(昭和7年) 函館、松竹座と契約して、専属の看板職人になります。

1956年(昭和31年) ウィーンでの世界観光ポスターコンクールで
作品「伝説の湖」が最優秀賞を受賞。

1962年 北海道デザイン研究所(現在の北海道造形デザイン専門学校)
の創設。
1967年 研究所講師の共同研究作品が、北海道章、北海道旗に決定。

e0322201_9564585.jpg

2・北海道立近代美術館前の看板です。北1条に面しています。

e0322201_9564674.jpg

3・1976年(昭和51年) 札幌市営地下鉄 東西線開通、
東西線駅ホームの壁画をデザインされました。

e0322201_9564776.jpg

4・1950年(昭和25年) 第1回さっぽろ雪まつりのポスターをデザインしました。
主催者により、8年連続して使用されました。
第27回、第28回もデザインしました。


札幌農学校のクラーク先生や、真駒内の牧羊場、新冠町の馬牧場、
酪農、畜産の指導者 エドウィン・ダン先生の影響が大きい北海道の、
風景画ですが、人物は画像1の様に洗練された都会のファッション・モデルの様に描かれているのが多いです。
テンガロンハット、ハーモニカ、風車、馬車等はアメリカ映画を見るようです。
若い頃の函館時代の基礎が脈々と続いている様に思われます。

*作品「奥尻島」に、
彫刻家 安田侃さんの「妙夢」の原型の様な
岩「鍋釣岩」が描かれています。

北海道立近代美術館にて
札幌市中央区北1条西17丁目
by abdulmajid0922 | 2014-02-08 09:40 | Comments(0)